どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事では僕が実践している手動トラリピ×代用有価証券必要資金を検討していきます。


手動トラリピ×代用有価証券のメイン記事はこちら

手動トラリピ×代用有価証券の計算上の必要資金


僕が手動トラリピで運用している通貨ペアは豪ドル/円・カナダドル/円・豪ドル/米ドルの3種類。

各通貨ペアの設定と、想定レンジ内で推移した場合の計算上の必要資金は以下のとおりです。


豪ドル/円


トラリピ設定


買い売り
注文数量1000通貨1000通貨
レンジ55.10~85.0085.10~110.00
トラップ間隔0.10.1
トラップ本数300本250本
利益金額800円800円
※決済トレールなし

計算上の必要資金


必要資金
5,161,200円(①+②)

最大含み損(想定レンジ内で考えられる最大値)
4,500,000円(①)
レンジ中央からレンジ下端まで下降した場合の含み損
=300本×15円(平均下落幅)×1,000通貨=4,500,000円

必要証拠金
661,200円(②)
想定レンジ下端到達時の必要証拠金
=55.1円×300本×1000通貨÷25(レバ25倍)=661,200円


豪ドル/円は、買いトラリピの方がレンジを広く設定していて想定含み損も大きくなるので、必要資金も買いトラリピのレンジで計算します。

なお、auカブコム証券では口座の時価評価額が必要証拠金を下回った場合ではなく、口座の時価評価額が必要証拠金の75%に到達するとロスカットとなるので、計算上の必要資金は、正確にはもう少しだけ余裕があります。


カナダドル/円


トラリピ設定


買い売り
注文数量1000通貨1000通貨
レンジ70.10~95.0095.10~120.00
トラップ間隔0.10.1
トラップ本数250本250本
利益金額700円700円
※決済トレールなし

必要資金


必要資金
3,826,000円(①+②)

最大含み損(想定レンジ内で考えられる最大値)
3,125,000円(①)
レンジ中央からレンジ上端まで上昇又は下端まで下降した場合の含み損
=250本×12.5円(平均下落(上昇)幅)×1,000通貨=3,125,000円

必要証拠金
701,000円(②、想定レンジの下端到達時)
1,200,000円(想定レンジの上端到達時)
想定レンジ下端到達時の必要証拠金
=70.1円×250本×1000通貨÷25(レバ25倍)=701,000円

レンジ上端時の方が保有ポジションの価格が大きいため、当然、必要証拠金は多くなります。

しかし、注意すべきは急速な円高です。

◯◯ショックやフラッシュクラッシュの際、リスクオフとして円が買われます。

暴落=急速な円高といっていいと思います。

急速な円安の可能性がないわけではありませんが、僕は急速な円高の方をより注意しておくべきと考えています。

ゆるやかに円安が進む場合は、それなりに利益も積み重なっているはずです。

以上により、想定レンジ内で推移すると仮定した場合の計算上の必要資金は、必要証拠金701,000円+最大含み損3,125,000円の合計額3,826,000円となります


豪ドル/米ドル


トラリピ設定


買い売り
注文数量1000通貨1000通貨
レンジ0.5010~0.80000.8010~1.1000
トラップ間隔0.10.1
トラップ本数300本300本
利益金額6ドル6ドル
※決済トレールなし

必要資金


必要資金
5,820,000円(①+②)

最大含み損(想定レンジ内で考えられる最大値)
4,500,000円(①)
レンジ中央からレンジ上端まで上昇又は下端まで下降した場合の含み損
=300本×0.15円(平均下落(上昇)幅)×1,000通貨×100円(1ドル100と仮定)
=4,500,000円

必要証拠金
601,200円(想定レンジの下端到達時)
1,320,000円(②、想定レンジの上端到達時)
想定レンジ上端到達時の必要証拠金
=1.1円×300本×1000通貨×100円(1ドル100と仮定)÷25(レバ25倍)
=1,320,000円


計算上の必要資金まとめ


以上のとおり、僕が運用する3種類の通貨ペアの計算上の必要資金は次のとおりです。

・豪ドル/円 5,161,200円
・カナダドル/円 3,826,000円
・豪ドル/米ドル 5,820,000円
    合計 14,807,200円

この必要資金は、あくまでも想定レンジ内で推移した場合の必要資金の計算上の最大値です。


相場レンジを下回ったり、上回ったりすることもあるでしょうし、その場合には上記の資金では足りない場面もでてきます(泣)


こう見ると500万円の運用資金で上記3通貨ペアを運用するのはかなり無謀なように思えます。


実績ベースの必要資金


ところで、僕の手動トラリピは、鈴さんがブログで公開しているトラリピの設定をトレースさせていただいています。

(鈴さんのブログはこちら)

そして鈴さんは、トラリピの設定だけでなく、その設定で運用した実績を詳細に記録し、これもブログで公開してくれています。

この記録はまさに生きたデータで大変参考になりますので、引用させていただきます。


鈴さんの記録によると、僕が運用を始める前の各通貨ペアの運用実績は次のとおりです。

豪ドル/円の運用実績


運用期間
2016/3~2019/12(3年10ヶ月)

合計利益(実現損益)
1,822,125円

月平均利益
39,611円

最大含み損
1,023,330円(2016年6月)

カナダドル/円


運用期間
2016/4~2019/12(3年9ヶ月)

合計利益(実現損益)
1,419,355円

月平均利益
31,541円

最大含み損
675,542円(2019年5月)

豪ドル/米ドルの運用実績


運用期間
2016/3~2019/12(3年10ヶ月)

合計利益(実現損益)
785,644円

月平均利益
17,079円

最大含み損
906,422円(2019年9月)


実績ベースの運用資金まとめ


鈴トラリピの過去の実績で、各通貨ペアの最大含み損の合計額は次のとおりです。

・豪ドル/円 1,023,330円
・カナダドル/円 675,542
・豪ドル/米ドル 906,422円
    合計 2,605,294円

これはあくまでも鈴さんが運用を開始した以後の3年ほどの記録なので、このデータのみを過信してはいけないのですが、最大で260万円程度の含み損で済んでいます。


さらに、ある通貨ペアの含み損が最大となっているタイミングで、他の通貨ペアの含み損も最大になっているとは限りません。

実際に、「各通貨ペアの含み損が最大の月」の「他の通貨ペアの含み損」と「含み損の合計額」を見てみると次のとおりとなっています。


2016年6月
(豪ドル/円の含み損が最大の月)

豪ドル/円の含み損 1,023,330円
カナダドル/円の含み損 310,250円
豪ドル/米ドルの含み損 26,971円
合計 1,360,551円

2019年5月
(カナダドル/円の含み損が最大の月)

豪ドル/円の含み損 435,821円
カナダドル/円の含み損 675,542円
豪ドル/米ドルの含み損 625,300円
合計 1,736,663円

2019年9月
(豪ドル/米ドルの含み損が最大の月)

豪ドル/円の含み損 651,091円
カナダドル/円の含み損 493,841円
豪ドル/米ドルの含み損 906,422円
合計 2,051,354円


実績ベースの最大含み損は合計で2,051,354円、この金額プラス証拠金も必要ですが、含み損が大きくなる頃にはいくらかは利益も出ているはず。

こう考えると500万円の運用資金でいけそうかなと思います。


まとめ


以上のとおり、計算上の必要資金と実績ベースの必要資金に大きな差が出ました。

より安全な運用をするなら、トラリピ設定と想定レンジから算出される計算上の必要資金の範囲内で運用すべきです。

ですが、
・実績ベースの必要資金が計算上の必要資金を大きく下回っていること
複数通貨ペアで運用することによるリスクの分散をすること
・いざというときには多少の追加資金も用意できること
以上のことから、僕は、500万円の運用資金で豪ドル/円・カナダドル/円・豪ドル/米ドルの3種類の通貨ペアで運用を開始することとしました。


ちなみに鈴さんは、1通貨ペア・1,000通貨当たりの必要資金は300万円と考えられているようで、僕も妥当な金額だと思います。


繰り返しますが、僕は追加できる資金があることからある程度強気な設定で運用を開始しました。

代用有価証券×トラリピをする場合には通常のFX以上に資金管理を徹底する必要があります


まとめると、僕と同じ設定で手動トラリピをするのであれば、1つの通貨ペア当たり300万円の資金が必要。

ただしこの金額は複数通貨ペアを運用することによりリスクヘッジを考慮しているので、1種類の通貨ペアだけで運用する場合はさらに余裕を持たせるべきです。


(おまけ)少額で運用を開始するには


そんな何百万円も用意できないという人も多いと思いますが、トラリピの設定は資金に応じて柔軟に変えられます。

例えば50万円の資金でカナダドル/円のトラリピをしたい場合には、僕の設定の10分の1のボリュームにすればよいだけです。

具体的には、カナダドル/円のトラリピを1円ごとに注文を並べる(僕は0.1円ごとに注文を並べています)だけ。

想定レンジや利確額等、他の設定はそのままで大丈夫です。

この設定なら50万円の運用資金でもかなり安全に運用を進められると思います。

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事は、僕が運用しているトライオートFXの2020年3月分の月次報告になります。

この企画で現在運用しているのは、コアレンジャー_豪ドル/NZドル8,000通貨

この企画では、複利積立でトライオートFXを運用しています。


詳しい運用ルールについてはこちら


2020年3月末の運用状況


投資額累計 1,353,200
(前月比 +10,000円)

当月確定利益 +20,429
(累計利益 +190,035円)

評価損  -252,874
(前月比 -95,145円)

有効証拠金 1,290,361
(前月比 -64,716円)

IMG_20200402_073115


今月の積立額


今月は10,000円の積立て!


内訳


現金投資 10,000円

ポイ活投資 0円

今月は自分の小遣いから1万円。

ポイ活の利益がなかったため、ポイ活投資はおやすみ。

ポイ活についてはこちら


これまでの運用の推移


 累計利益  含み損  現金投資  ポイ活投資  運用時価 
2018年8月 1,617  -    480,000  480,000 
9月 10,763  -2,088  500,000  508,802 
10月 19,252  -7,601  510,000  521,778 
11月 31,693  -40,421  520,000  511,379 
12月 43,560  -74,432  630,000  599,255 
2019年1月 63,750  -72,818  640,000  632,091 
2月 76,799  -97,929  650,000  68,400  697,397 
3月 74,880  -102,171  660,000  100,200  732,909 
4月 89,145  -63,873  670,000  141,300  836,572 
5月 97,956  -51,537  695,000  223,000  964,419 
6月 106,973  -93,281  805,000  248,000  1,066,692 
7月 107,563  -94,823  815,000  248,000  1,075,740 
8月 126,325  -53,916  825,000  248,000  1,145,409 
9月 140,028  -68,617  855,000  253,000  1,179,411 
10月 159,492  -64,968  865,000  253,000  1,212,524 
11月 172,475  -100,073  875,000  321,200  1,268,602 
12月 168,677  -182,813  985,000  321,200  1,292,064 
2020年1月 166,067  -208,413  995,000  323,200  1,275,854 
2月 169,606  -157,729  1,005,000  338,200  1,355,077 
3月 190,035  -252,874  1,015,000  338,200  1,290,361 

トライオート202003


短期目標


8,000通貨に増口!


短期目標のルール


・有効証拠金を推奨証拠金の1.5倍にする

目標達成時には1,000通貨増口

なお、この企画は3,000通貨から始め、そのときの推奨証拠金は390,205円でしたので、1,000通貨当たりの推奨証拠金は130,000円とし、その約1.5倍の200,000円を短期目標の基準とします。

IMG_20180924_133137


運用通貨

コアレンジャー_豪ドル/NZドル
8,000通貨

推奨証拠金

1,040,000円
(130,000円 × 8,000通貨)

短期目標

1,600,000円
(200,000円 × 8,000通貨)

現在の有効証拠金

1,290,361円
(目標まで309,639円)


為替の動き

今月の為替の動き


IMG_20200403_210102

1ヶ月の為替の動きはこのチャートのとおり。

コロナの影響でしょうか。久しぶりにそれなりに動きがあった1か月でした。


10年の為替の動き


IMG_20200403_210125


10年間の為替推移はこのチャートのとおり。

チャートの右側に黄色い三角が並んでいる範囲が想定レンジ、その中心部分で三角が密集している範囲がコアレンジです。

ここ5年位は想定レンジ内で推移していることがわかります。

コアレンジャーは、為替相場が想定レンジの中で推移しているうちは利益を出し続け、特にコアレンジ帯の中にいるうちは安心して見ていられます。

想定レンジ内であってもコアレンジを外れてサブレンジに移行すると、含み損は増え、決済回数も減ってくるので厳しいことになります。

現在はコアレンジ下のサブレンジ内で推移しています。


現在のポジション


現在抱えている買いポジは19個(チャート上に赤い三角で標示)で、売りポジは0個(チャート上に青い三角で標示)です。

含み損の合計は252,874円です。


今月は、月の途中で有効証拠金が1,400,000円を超えたので8,000通貨に増口できました。

その後、相場が下がり10万円以上含み損が増えてしまいましたが(^^;

10,000通貨になるとスプレッドが優遇されるようなので、早く10,000通貨行って欲しいものです。


以上、2020年3月のトライオートFX月次報告でした。


この企画を最初から読む

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「マネックス証券」の口座開設を
ECナビ」から申し込んでみました。


マネックス証券


案件の詳細


IMG_20191101_230229
IMG_20191101_230145

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

5,000円相当

必要経費

なし

経過&実績


2019/11/1  11:14 申込み(申込完了メール受信)

2019/11/2 朝 予定明細に反映されていることを確認
IMG_20191102_072655

2019/11/6 口座開設完了メール受信

2019/11/24 条件達成

2020/3/31 ポイント付与 5,000円獲得!

感想とか


以前申し込んだカブドットコム証券と同様、口座開設して、株なり投資信託の取引をするだけで5,000円ゲットできるという良案件です。

僕は少額の投資信託の申込みをする予定です。

さらに、マネックス証券のキャンペーンで、paypayが最大2,600円分貰えるみたいです。

IMG_20191101_230204

新規口座開設でもれなく200円。


IMG_20191101_231535

口座開設の入力画面でキャンペーンコード「paypay2019」と入力しましょう。


IMG_20191101_231607

入金で200円。


IMG_20191101_231628

取引すると抽選で2,000円(抽選かい!)


IMG_20191101_231650

FX口座開設で200円。

マネックス証券の口座開設申込時には、FXの口座開設についての入力はなかったので、証券口座開設後に手続きすることになると思います。


この案件を紹介しておいてなんですが、投資信託の積立ては楽天証券が一番お得です(断言)

クレジットカードで投資信託の申込みができ、申込額の1%の楽天ポイントが貰えちゃいますよ。(ポイントが付くのは月5万円まで)

利益が非課税になる「つみたてNISA」もクレカ払いに対応していますので、僕は楽天証券でつみたてNISAをしています。


2019/11/24追記

口座開設の書類が来ないと思っていたら、メールで口座開設通知が来ていました。

今まで10数件の証券会社やFX業者に口座開設しましたが、口座開設手続きがメールで完結したのはマネックス証券が初めてです。

通常の業者は大量の規約みたいなのを送り付けて来て、その都度、無駄だなと思っていました。ペーパーレスなのはとても良いことですね。


早速、口座開設完結メールからログインし、
・パスワードの設定
・即時入金
・投資信託の申込み注文(100円分)

これにて条件達成のはず。

あとはECナビから5,000円分のポイントが付与されるのを待つのみです。


この案件の申込みはECナビからどうぞ

僕は公式サポーターになっていますので、このリンクからの登録で350円相当の紹介ボーナスが貰えます(通常は150円)

IMG_20191101_232640


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!




この記事では、楽天市場で買い物をする際に楽天ポイントを大量に獲得するテクニックを紹介して行きます。



具体的には、

  • お買い物マラソン(楽天スーパーセール)
  • 楽天SPU
  • その他キャンペーン
これらを組み合わせて活用していくことになります。





大量ポイントを獲得するには




付与率50%超!?






IMG_20190702_164414


お買い物マラソン期間中は、天公式が「合計ポイント最大44倍」と煽っているとおり、ポイントを大量ゲットするチャンスといえます。


楽天公式のいう44倍の内訳は、通常の楽天ポイント付与率の1%に加え、
  • 買い回りキャンペーン(+9倍)
  • ショップ別のポイントアップ(+19倍)
  • 楽天SPU(+15倍)
これら3点を合わせたものです。


加えて、今回の記事で紹介する
  • 5の倍数の日に買い物(+2倍)
  • 楽天イーグルス等が勝利(+1~3倍)
  • 楽天ウェブ検索(+1倍)
これらのキャンペーン等を活用すれば、楽天ポイント付与率50%超えも狙えます!





・・・50%超えは言い過ぎました。
現実的には、課金サービスが必要なものがあったり、値段が安くて最高倍率のポイントを付与するショップはあまりなかったりしますので、これらポイント倍率アップを全て適用するのは困難。


というより無駄な支出が増えるという本末転倒なことになりかねません。




しかし、今回の記事を見ていただければ、誰でも楽天ポイントの付与倍率を20%程度にまでは上げることは可能であることがわかってもらえると思います。


まずは、ポイントアップの仕組みを種類別に見ていきましょう。




お買い物マラソン(楽天スーパーセール)をフル活用!



まとめ買いすべし




お買い物マラソン(楽天スーパーセール)とは?




お買い物マラソンとは、楽天市場で月に一回程度開催されているイベントです。


3月、6月、9月、12月は、お買い物マラソンではなく、楽天スーパーセールが開催されます。


楽天スーパーセールは、お買い物マラソンよりもセール品が多いイベントですが、基本的にはお買い物マラソンと同じと考えていいと思います。


お買い物マラソン中には買い回りキャンペーンが開催されます。





買い回りキャンペーンのルール




買い回りキャンペーンとは、お買い物マラソン(楽天スーパーセール)期間中に、2つ以上のショップで買い物をすることで楽天ポイントの付与率がアップするキャンペーンです。


買い回りキャンペーンのルールは次のとおりです。
  • 2店舗で2倍(+1倍)~最大10店舗で10倍(+9倍)
  • 1,000円(税込)以上の買い物が対象
  • 同じショップで2回以上買い物しても1カウント
  • 付与ポイント上限は10,000ポイント


買い回りキャンペーンの注意点




必要ないものは買わない!




言うまでもなく、買い回りキャンペーンは、楽天ポイントの付与倍率アップを餌にした買い煽りです。


必要ないものをポチらないように気を付けましょう。


これが大前提です。




高額商品を買う場合




必要ないものはポチるべきではありませんが、高額商品を買う場合には強気で買い回りをしましょう!


例えば楽天市場で12万円の家電を買った場合に、別のショップで1,000円の買い物をすれば、楽天ポイント+1倍で1,210ポイントゲット!


このように、高額の買い物をした場合には、買い物をした金額より付与されるポイントの方が多くなることもあるのです。


先ほどの例の場合には、1,000円の商品を8店舗で買い回りすれば付与されるポイントは上限の10,000ポイントに達します。(9店舗目の買い回りは無駄ということですね。)


楽天市場には送料込1,000円ポッキリの商品が沢山用意されています。


この場合でも無駄な買い物はせず、必要な日用品や日持ちする食材を買い揃えましょう。




マラソン期間中にまとめ買いする




買い回りによる付与ポイントの上乗せが強力であることはわかっていただけたと思います。


かといって買い回りのために必要ないものまでポチるのはご法度です。


ではどうすれば良いかというと、必要なものをマラソン期間中にまとめ買いすれば良いのです。


具体的には、楽天市場で購入しようと思った商品があっても、急ぎで必要なものでなければ、すぐに購入はせず「お気に入り」に登録したり、「買い物かご」に入れておきましょう。


そしてお買い物マラソン期間中にまとめて購入するという方法が有効です。



ショップは分ける




忘れがちなルールですが、期間中に1つのショップで1,000円以上の商品を2回以上購入しても買い回りとしてカウントされるのは1回のみです。


同じショップでは「買い回り」にならないのです。


同じショップで複数の商品を購入するのはおすすめできません。




本は楽天ブックスで買う




意外に知られていませんが楽天ブックスも買い回りの対象に含まれます。


本は定価があるので、街の本屋で買っても楽天ブックスで買っても値段は一緒です。そして楽天ブックスは送料無料。


それなら楽天ポイントが貰える楽天ブックスで買うのがお得ですよね?


1,000円以上買えば買い回り対象になるので、マラソン期間中に買いましょう。


さらに楽天ブックスで1回1,000円以上購入すれば、後ほど説明するSPUにより、さらにポイントが+0.5倍されます。


関連記事





楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)をフル活用!




無料のSPUもある!




楽天SPUとは?




楽天SPUとは、楽天スーパーポイントアッププログラムの略で、楽天関係の以下のサービスを利用していると、楽天市場で買い物する際のポイント付与率が上がる仕組みをいいます。
  • 楽天カード(+2倍)(無料!)
  • 楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード(+2倍)
  • 楽天保険(+1倍)
  • 楽天でんき(+0.5倍)
  • 楽天銀行(+1倍)(無料!)
  • 楽天市場アプリ(+0.5倍)(無料!)
  • 楽天pasha(+0.5倍)
  • 楽天証券(+1倍)
  • 楽天モバイル(+1倍)
  • 楽天ひかり(+1倍)
  • 楽天TV(+1倍)
  • 楽天ファッション(+0.5倍)
  • 楽天ブックス、楽天kobo(各+0.5倍)
  • 楽天トラベル(+1倍)
  • 楽天ビューティー(+1倍)
※2020年4月現在





おすすめの楽天SPUは?




楽天SPUの中で特におすすめなのは次のとおりです。



楽天カード(+2倍)(無料!)



IMG_20180904_122010

楽天カード(クレジットカード)の利用は基本中の基本ですね。

発行するだけで5,000~8,000ポイント貰えます。


さらに、ポイントサイトに楽天カード発行案件が出ていれば、ポイントサイトを経由してカード発効を申し込むだけで数千円分のポイントが貰えます。


おすすめのポイントサイトはECナビポイントインカムです。



楽天カードは年会費無料なので、まだ持ってない方はサクッと作っちゃいましょう。





楽天ゴールドカード(+2倍)




IMG_20180904_122057

楽天プレミアムカードは年会費10,800円、楽天ゴールドカードは年会費2,160円なので、基本的には申し込まなくて大丈夫です

ただし大体月10,000円以上は楽天市場で買い物をする人は、年会費より貰えるポイントの方が多くなるため、ゴールドカードを持っていた方がお得です。



楽天でんき(+0.5倍)




IMG_20190702_164322


楽天でんきの良いところは、楽天ポイントが貯まることと、楽天ポイントで支払えること。


IMG_20190702_175212


電気料金200円につき1ポイント貰えます。
これは楽天カードで支払った場合の通常の1%とは別に貰えるのです。
要は1.5%還元ということですね。


IMG_20190702_175236


さらに、電気料金を楽天ポイントから支払えます。


一度ポイント払いの設定をすれば、毎月、期間限定ポイントから優先して支払いに充てられます。




楽天銀行(+1倍)(無料!)



IMG_20180904_122133

楽天カード×楽天銀行のコンボはかなり強力です。


僕はいくつかのネット銀行に口座を持っていますが、楽天銀行が一番使いやすいです。


さらに、楽天証券と組み合わせるとお得度が半端ないことになります。これについては後述します。




楽天市場アプリ(+0.5倍)(無料!)



IMG_20190702_164347


これも基本ですね。無料アプリをダウンロードしてアプリで買い物するだけで、ポイントを0.5%多く貰えます。




楽天証券(+1倍)




IMG_20180904_122243


条件は月1回500円以上のポイント投資となっていますが、500ポイントを持っていなくても足りない分は現金で投資でも大丈夫です。

余談ですが、楽天証券なら積立てNISAを楽天カード払いでできます。
積立額の1%がポイント還元になるので、とってもお得ですよ。
※1%還元になるのは他の積立投信と合わせて月5万円までです。



楽天モバイル(+1倍)



IMG_20180904_122302

楽天ヘビーユーザーである僕は、もちろん楽天モバイルを利用しています。

大手キャリアから格安携帯への変更で月5,000円位節約できますよ。


さらに楽天モバイルの利用料は、楽天ポイントで支払うことができます。これは楽天でんきも同様です。


1度設定してしまえば毎回自動的にポイント払いになり、期間限定ポイントから優先して支払いに充てられます


期間限定ポイントの使用方法に悩まなくなりますよ。


ちなみに、意外に思う方も多いと思いますが、楽天ポイントを楽天市場で使用するのは実はちょっともったいないんです。


関連記事
楽天ポイントの一番お得な使い方は?楽天市場で使うと損する!?期間限定ポイントのおすすめの消化方法!




楽天ブックス・楽天kobo(それぞれ+0.5倍)




IMG_20190402_174658


本を買う場合には、送料無料で楽天ポイントを貰える楽天ブックスで買いましょう。


大きな買い物をするときには、このSPU狙いで人気の新刊書を買い、さっと読んでラクマやメルカリで売るという節約術も・・


電子書籍派の方は楽天koboがおすすめです。


嬉しいことに楽天ブックス・楽天koboはお買い物マラソンの買い回り対象にもなっています。




楽天トラベル(+1倍)



IMG_20180904_122402


旅行や出張の際にはまず楽天トラベルで宿を探しています。



その他のキャンペーンもフル活用!




お買い物マラソンやSPU以外にもお得なキャンペーンが盛り沢山!



5の倍数の日(要エントリー)




IMG_20180904_122442


5の倍数の日(5日や10日など)は楽天カード決済で+2倍になります。


このキャンペーンがあるため、お買い物マラソン期間中は5の倍数の日にまとめ買いするのが基本になります。

その日の前日に楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利すればラッキー!さらにポイントが1%~3%上乗せになります。


該当日には楽天市場のキャンペーンのところにバナーが設置されますので、忘れずにエントリーしましょう。





楽天ウェブ検索(要エントリー)




IMG_20190115_190356

楽天ウェブ検索で1日5回の検索を月に5回以上するだけで、その月の楽天市場の買い物で付与される楽天ポイントが+1倍になります。

これもエントリーを忘れずに。





楽天市場でお得にポイントを貯める具体例


これまで説明した「SPU」「その他キャンペーン」「楽天ROOM」を活用すると、楽天カードさえあれば、次のとおり、誰でもいつでも4.5%のポイント付与率になります。
  • 基本付与率1%
  • 楽天カード払い(+2倍)
  • 楽天市場アプリ(+0.5倍)
  • 楽天ウェブ検索(+1倍)


さらに、必要なものを「お気に入り」や「買い物かご」などで管理しておき、「お買い物マラソン」期間中の「5の倍数の日」にまとめ買いすることによって次のとおり倍率がアップします。
  • 買い回りキャンペーン(+1~9倍)
  • 5の倍数の日に買い物(+2倍)
  • 楽天イーグルス等が勝利(+0~3倍)

例えば10つのショップで購入すれば、「買い回り」で+9倍、「5の倍数の日」で+2倍、これで15.5%達成です!




ちなみに楽天ヘビーユーザーの僕の場合はSPUが+13%(楽天ひかりと楽天ビューティー以外)なの25%の付与率です。


前日に楽天イーグルス等が勝利したり、別のキャンペーンが絡ませるなど、付与率が上がる要素はまだまだあります。



これであなたも楽天マスター!





最後に



繰り返しになりますが、無駄なものは買わない。これが一番大事です。

せっかく工夫してポイントを沢山貰っても、貯める過程で無駄遣いをしていては本末転倒です。

SPUのために使わないサービスに課金してませんか?

お買い物マラソンのために必要ないものまでポチッてませんか?

毎月、お買い物マラソンに参加する必要はありません。

「ポイントで払うから」という理由で、無駄遣いを正当化してませんか?ポイントはお金と一緒です。


楽天経済圏は、上手に立ち回れば最強の節約効果を発揮します。一方で非常に巧妙に買い煽りや有料サービスの登録煽りをしてくるわけです。


月に1回程度は楽天カードアプリで利用明細を確認して、無駄遣いがなかったか振り返ることをおすすめしています。


賢く上手に楽天を使い倒して生活を豊かにしましょう!

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事は、僕が運用しているトライオートFXの2020年2月分の月次報告になります。

この企画で現在運用しているのは、コアレンジャー_豪ドル/NZドル7,000通貨

この企画では、複利積立でトライオートFXを運用しています。


詳しい運用ルールについてはこちら


2020年2月末の運用状況


投資額累計 1,343,200
(前月比 +25,000円)

当月確定利益 +3,539
(累計利益 +169,606円)

評価損  -157,729
(前月比 -50,684円)

有効証拠金 1,355,077
(前月比 +79,223円)

IMG_20200229_095245


今月の積立額


今月は25,000円の積立て!


内訳


現金投資 10,000円

ポイ活投資 15,000円

今月は自分の小遣いから1万円。

ポイ活の利益から15,000円を積み立てました。

ポイ活についてはこちら


これまでの運用の推移


 累計利益  含み損  現金投資  ポイ活投資  運用時価 
2018年8月 1,617  -    480,000  480,000 
9月 10,763  -2,088  500,000  508,802 
10月 19,252  -7,601  510,000  521,778 
11月 31,693  -40,421  520,000  511,379 
12月 43,560  -74,432  630,000  599,255 
2019年1月 63,750  -72,818  640,000  632,091 
2月 76,799  -97,929  650,000  68,400  697,397 
3月 74,880  -102,171  660,000  100,200  732,909 
4月 89,145  -63,873  670,000  141,300  836,572 
5月 97,956  -51,537  695,000  223,000  964,419 
6月 106,973  -93,281  805,000  248,000  1,066,692 
7月 107,563  -94,823  815,000  248,000  1,075,740 
8月 126,325  -53,916  825,000  248,000  1,145,409 
9月 140,028  -68,617  855,000  253,000  1,179,411 
10月 159,492  -64,968  865,000  253,000  1,212,524 
11月 172,475  -100,073  875,000  321,200  1,268,602 
12月 168,677  -182,813  985,000  321,200  1,292,064 
2020年1月 166,067  -208,413  995,000  323,200  1,275,854 
2月 169,606  -157,729  1,005,000  338,200  1,355,077 

トライオート


短期目標


短期目標のルール


・有効証拠金を推奨証拠金の1.5倍にする

目標達成時には1,000通貨増口

なお、この企画は3,000通貨から始め、そのときの推奨証拠金は390,205円でしたので、1,000通貨当たりの推奨証拠金は130,000円とし、その約1.5倍の200,000円を短期目標の基準とします。

IMG_20180924_133137


運用通貨

コアレンジャー_豪ドル/NZドル
7,000通貨

推奨証拠金

910,000円
(130,000円 × 7,000通貨)

短期目標

1,400,000円
(200,000円 × 7,000通貨)

現在の有効証拠金

1,355,077円
(目標まで44,923円)


為替の動き

今月の為替の動き


IMG_20200229_140440

1ヶ月の為替の動きはこのチャートのとおり。

決済は2回だけ。

ここ数ヶ月同様に動きも少なく、いまいちな月でした。


10年の為替の動き


IMG_20200229_140406

10年間の為替推移はこのチャートのとおり。

チャートの右側に黄色い三角が並んでいる範囲が想定レンジ、その中心部分で三角が密集している範囲がコアレンジです。

ここ5年位は想定レンジ内で推移していることがわかります。

コアレンジャーは、為替相場が想定レンジの中で推移しているうちは利益を出し続け、特にコアレンジ帯の中にいるうちは安心して見ていられます。

想定レンジ内であってもコアレンジを外れてサブレンジに移行すると、含み損は増え、決済回数も減ってくるので厳しいことになります。

現在はコアレンジ下のサブレンジ内で推移しています。


現在のポジション


現在抱えている買いポジは17個(チャート上に赤い三角で標示)で、売りポジは0個(チャート上に青い三角で標示)です。

含み損の合計は157,729円です。


先月よりも含み損は減ったもののサブレンジでグダグダしているという点では変わらず。


月の後半はコロナショックの関係で色々な通貨ペアが激しい動きを見せていましたが、豪ドル/NZドルは平和な値動きでした

本音を言えば、もっと激しく動いて欲しいものです。


以上、2020年2月のトライオートFX月次報告でした。


この企画を最初から読む

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「三菱UFJニコスMUFGカード」の発行を「Point income」から申し込んでみました。


三菱UFJニコスMUFGカード


案件の詳細


IMG_20200202_220621
IMG_20200203_181634

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

5,000円相当

必要経費

なし(初年度年会費無料)

経過&実績


2020/2/2 22:00 申込み

初めてPoint incomeを利用しましたが、申し込んだ5分後位に判定中になった旨のメールが来ました。

まず判定中になるかが不安になるため、この通知サービスは嬉しいです。


2020/2/3 12:00 MUFGカードよりメール

さっそく審査が通った旨メールをくれました。


2020/2/15 カード到着

簡易書留で届くので受け取りが必要です。


2020/2/28 ポイント付与 5,000円獲得!

感想とか


クレカを発行して5,000円以上利用するだけで5,000円ゲットできます。ちなみに年会費は初年度無料。

すごいのはここからで、新規入会者限定でカード利用額の20%がキャッシュバックされます。

キャッシュバック上限は10,000円、利用額で50,000円まで。

IMG_20200203_222039

はい、このキャンペーン狙いでMUFGカード作りました。


さらに美味しいことに同じタイミングでaupayも20%キャッシュバックキャンペーンを実施します。

IMG_20200202_212548

こちらはバーコード決済サービスなのですが、基本的には事前にクレカなどでチャージしておくことになります。

現状の情報では、MUFGカードから各種キャッシュレスサービスへのチャージも、MUFGカードの20%キャッシュバックの対象になるようです。

つまり、2つのキャンペーンを併用出来るということ。


まとめると初年度年会費無料のカード作ると5,000円貰えて、カードからaupayにチャージして買い物すると合計で40%還元になると。

これは旨すぎ案件ですね。


ちなみにコンビニでdポイントカード提示で20%還元や、ビックカメラで楽天ポイントカード提示でSPU分のポイント還元などのキャンペーンとも併用できるので、40%還元で満足して思考停止するのはNGです。


この案件の申込みはPoint incomeからどうぞ。


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「THEO+docomo」の発行を「モッピー」から申し込んでみました。


THEO+docomo


案件の詳細


IMG_20200122_182628

IMG_20200122_182559

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

5,000円相当

必要経費

なし


経過&実績


2020/1/22 18:00 申込み

2020/1/22 19:00 予定明細に反映されてることを確認

IMG_20200122_192228

申し込んだ1時間後位に確認したところ、判定中となっていました。

ポイントサイトを利用する際、判定中になるまで数日掛かるサイト(案件)もあります。

その場合、まず判定中になるかが不安になるため、早めに判定中になってくれるのは嬉しいですね。


2020/1/25 住所確認ハガキ到着

簡易書留で届くので受け取りが必要です。


2020/1/27 口座開設通知(メール)


2020/1/27 条件達成

ネットバンクから即時入金(手数料無料)すると、即運用開始になります。

IMG_20200127_072644
IMG_20200127_072741
IMG_20200127_072719


2020/2/26 5,000円相当のポイント獲得!

IMG_20200226_211914


感想とか


ドコモが運営?するロボアドバイザーです。

10,000円入金して運用を任せるだけで5,000円貰えるという案件。

dポイントも200ポイント貰えるみたいでウマウマです。

IMG_20200122_182527


申し込みにはdアカウントが必須でした。

dアカウントはドコモ契約者でなくても持てます。

dポイントはお得なキャンペーンを連発してるのでポイ活している方は必須のアカウントです。


申し込みは、dアカウントとの連携、住所・氏名等の情報入力、マイナンバーカードのアップロードという流れで10分位で終わりました。


審査後、住所確認のハガキが簡易書留で届きます。

僕は申し込みから3日で届きました。

その後、口座開設通知がメールで届くので、10,000円入金して運用開始という流れになります。


2020/2/26追記

申し込みから1ヶ月強でポイント付与。

その間の成績は、投資1万円で269円の損失でした。

IMG_20200226_213437

この案件の申込みはモッピーからどうぞ


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「LENDEX」の発行を「ECナビ」から申し込んでみました。


LENDEX


案件の詳細


IMG_20200206_201655

IMG_20200206_201623

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

5,000円相当

必要経費

なし

経過&実績


2020/2/6 19:00 申込み

2020/2/7 17:00判定中になっていることを確認

2020/2/9 簡易書留で認証コードが届く

2020/2/9 認証コードを入力し口座開設完了

2020/2/14 ポイント付与 5,000円獲得!


感想とか


ソーシャルレンディングに口座開設(投資家登録)するだけで5,000円ゲットできる案件。

こういう案件は◯円以上の投資というのがポイント付与条件となっているものが多いので、口座開設だけで5,000円は旨すぎです。


申し込みからの流れはこんな感じ。

IMG_20200206_201603

申し込み自体はスマホで10分位で出来ました。

審査が通れば郵送で通知が届き、それに記載のコードを入力すれば口座開設完了です。

審査落ちとかあるのかな?


僕は申し込みから8日で5,000円相当分のポイントが貰えました。


簡単なので、投資に興味がない方にもおすすめの案件です。


この案件の申込みはECナビからどうぞ。

僕は公式サポーターになっていますので、このリンクからの登録で350円相当の紹介ボーナスが貰えます(通常は150円)
30日以内にPeXへのポイント交換申し込みを行なった場合に200円相当のボーナスが上乗せされます。

IMG_20191101_232640


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事は、僕が運用しているトライオートFXの2020年1月分の月次報告になります。

この企画で現在運用しているのは、コアレンジャー_豪ドル/NZドル7,000通貨

この企画では、複利積立でトライオートFXを運用しています。


詳しい運用ルールについてはこちら


2020年1月末の運用状況


投資額累計 1,318,200
(前月比 +12,000円)

当月確定利益 -2,610
(累計利益 +166,067円)

評価損  -208,413
(前月比 -25,600円)

有効証拠金 1,275,854
(前月比 -16,210円)

IMG_20200201_094319


今月の積立額


今月は12,000円の積立て!


内訳


現金 10,000円

ポイ活利益 2,000円

今月は自分の小遣いから1万円を積み立て。

ポイ活利益から2000円を積み立てました。

ポイ活についてはこちら


これまでの運用の推移


 累計利益  含み損  現金投資  ポイ活投資  運用時価 
2018年8月 1,617  -    480,000  480,000 
9月 10,763  -2,088  500,000  508,802 
10月 19,252  -7,601  510,000  521,778 
11月 31,693  -40,421  520,000  511,379 
12月 43,560  -74,432  630,000  599,255 
2019年1月 63,750  -72,818  640,000  632,091 
2月 76,799  -97,929  650,000  68,400  697,397 
3月 74,880  -102,171  660,000  100,200  732,909 
4月 89,145  -63,873  670,000  141,300  836,572 
5月 97,956  -51,537  695,000  223,000  964,419 
6月 106,973  -93,281  805,000  248,000  1,066,692 
7月 107,563  -94,823  815,000  248,000  1,075,740 
8月 126,325  -53,916  825,000  248,000  1,145,409 
9月 140,028  -68,617  855,000  253,000  1,179,411 
10月 159,492  -64,968  865,000  253,000  1,212,524 
11月 172,475  -100,073  875,000  321,200  1,268,602 
12月 168,677  -182,813  985,000  321,200  1,292,064 
2020年1月 166,067  -208,413  995,000  323,200  1,275,854 

トライオート202001


短期目標


短期目標のルール


・有効証拠金を推奨証拠金の1.5倍にする

目標達成時には1,000通貨増口

なお、この企画は3,000通貨から始め、そのときの推奨証拠金は390,205円でしたので、1,000通貨当たりの推奨証拠金は130,000円とし、その約1.5倍の200,000円を短期目標の基準とします。

IMG_20180924_133137


運用通貨

コアレンジャー_豪ドル/NZドル
7,000通貨

推奨証拠金

910,000円
(130,000円 × 7,000通貨)

短期目標

1,400,000円
(200,000円 × 7,000通貨)

現在の有効証拠金

1,275,854円
(目標まで124,146円)


為替の動き

今月の為替の動き


IMG_20200201_094217

1ヶ月の為替の動きはこのチャートのとおり。
コアレンジから下に外れ、動きも少なく、いまいちな月でした。


10年の為替の動き


IMG_20200201_094245


10年間の為替推移はこのチャートのとおり。

チャートの右側に黄色い三角が並んでいる範囲が想定レンジ、その中心部分で三角が密集している範囲がコアレンジです。

ここ5年位は想定レンジ内で推移していることがわかります。

コアレンジャーは、為替相場が想定レンジの中で推移しているうちは利益を出し続け、特にコアレンジ帯の中にいるうちは安心して見ていられます。

想定レンジ内であってもコアレンジを外れてサブレンジに移行すると、含み損は増え、決済回数も減ってくるので厳しいことになります。

現在はコアレンジ下のサブレンジ内で推移しています。


現在のポジション


現在抱えている買いポジは17個(チャート上に赤い三角で標示)で、売りポジは0個(チャート上に青い三角で標示)です。

含み損の合計は208,413円です。


先月に引き続き累計利益が減少しました。

決済利益よりマイナススワップの方が多かったということです。


コアレンジャーはサブレンジ内は厳しいということをひしひしと思い知らされています。


以上、2020年1月のトライオートFX月次報告でした。


この企画を最初から読む

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事では、代用有価証券を利用してFXをする事について、メリット、注意点、おすすめな人、おすすめの業者を紹介していきます。

代用有価証券とは?


代用有価証券とは、株の信用取引やFXなどをする際、証拠金として、現金の代わりに保有している株式や投資信託を担保にすることをいいます。

IMG_20200105_073022
※auカブコム証券HPより

代用有価証券のメリット


代用有価証券は正しく使えばめっちゃお得!


現金がなくてもFXを始められる


FXは証拠金取引ですので、通常はあらかじめ証拠金として現金を差し入れてから取引を始めるものです。

でも株や投資信託(以下「株式等」といいます)を保有している人は、それらを担保に取引が始められるんです。

株式等をもっていれば現金を用意せずに新しい投資を始められるというメリットは大きいです。


資金効率が上がる


株を代用有価証券として担保に差し入れた場合でも、配当や株主優待は受け取れます。

例えば代用有価証券を利用してスワップ狙いのFXを始めた場合、配当、株主優待、スワップポイントの全てを受け取れるんです

株を長期保有する方は、長期的に見てその企業の価値が値上りするかを重要視しますが、配当や株主優待の還元率も気にしますよね?

そういう資金効率的な観点からは代用有価証券の活用は非常に効率的です。

IMG_20200105_073638
※auカブコム証券HPより

代用有価証券の注意点


代用有価証券のデメリットも押さえておこう!


株価が下がると証拠金維持率も下がる


FXは証拠金維持率があらかじめ定められた割合まで下がるとロスカットといって、ポジションが強制的に決済されます。

僕が使っているauカブコム証券は、証拠金維持率が75%まで下がるとロスカットです。

証拠金維持率について具体例で説明します。

例えば、1ドル110円のとき、1単位(10,000ドル)の「買いポジション」を建てるということは、110円×10,000ドル=110万円分のドルを保有するということを意味します。

auカブコム証券のFXはレバレッジ25倍ですので、必要となる証拠金は、110万円の25分の1の44,000円です。

仮に現金44,000円を入金してドル/円の買いポジを1単位建てた場合には、必要証拠金が44,000円で口座残高も同額なので、その時点の証拠金維持率が100%になります。

証拠金維持率が75%になるとロスカットですので、44,000円×75%=33,000円、44,000円-33,000円=11,000円、含み損が11,000円を越えたとき、つまりドルが108.9円を下回るとロスカットになるのです。
※厳密にはドルが108.9円に下がったときは必要証拠金も44,000円より若干下がります。


このようにFX取引は証拠金取引でありロスカットというシステムがあるため、証拠金維持率に注意しなければなりません。


代用有価証券にしている株式等の価格が低下した場合には、当然に証拠金としての評価額も低下するため、証拠金維持率が下がります。


僕のやっている手動トラリピなど、ある程度の含み損を抱えることが前提の取引の場合、ロスカットになると大損です。


代用有価証券でFX取引を行う場合は、有価証券の評価損が出ることも想定し、現金で証拠金を差し入れる場合以上に証拠金維持率に注意するべきです。


NISAとは併用不可


残念ながらNISA口座で管理している株式は代用有価証券にすることができません。


代用有価証券×FXがおすすめな人


代用有価証券×FXはこんな人におすすめ!


株や投信の長期保有をしている人


FXはスワップ狙いやトラリピのようなリピート系取引を低レバで行う分には安全で手堅い投資方法だと思います。
※トルコリラや南アフリカランドなどの新興国の通貨でのスワップ狙いはリスクが高いので初心者にはおすすめしません。

株や投信の長期保有をしている人は、配当や株主優待のインカムゲインや、値上り益(キャピタルゲイン)を狙っているはずです。

その株式等を担保にスワップ狙いやトラリピなどのFX取引を行い、利益の上乗せを狙えるわけですので、株式等の長期保有をしている人は、その株式等を代用有価証券にしてFXをすると利益の上乗せが狙えます。

また、評価損を抱えて塩漬けになっている株式等の有効な活用方法になります。


FXを行っていて証拠金に余裕のある人


すでにFXを行っていて、証拠金に相当な余裕を持たせている人も多いと思います。

その証拠金の一部で株式等を購入して代用有価証券にするだけで、配当や株主優待を受けとることができたり、株式等の値上がり益も狙えます。

FXの証拠金としていた現金(の一部)で株を買い、その株を代用有価証券としてまたFXの証拠金にするのです。

ただし、購入した株の時価より、その株の代用有価証券としての評価額は低いものになることに注意が必用です。
※株の時価の70%で評価


代用有価証券×FXのおすすめ業者


代用有価証券でFXができる業者は次の3社のみです。
  • SBI証券
  • auカブコム証券
  • マネーパートナーズ
IMG_20200105_074024
※auカブコム証券HPより

この3社のFXの特徴を比較していきます。
※各数値等は2020年1月調べ


通貨単位の比較


3社の中で1,000通貨単位でFXをできるのはauカブコム証券とSBI証券だけです
※マネーパートナーズは100通貨単位で取引できるFXnanoがありますが、代用有価証券には対応していません。

僕のように代用有価証券×トラリピをするなら1,000通貨単位で取引できるauカブコム証券とSBI証券の二択になります
※運用資金が潤沢な人は10,000通貨単位でトラリピすることもできます。

ただしこれらの証券会社では本家トラリピのような自動注文機能はありませんので、手動トラリピ(イフダン注文を活用するので正確には半手動トラリピ)をすることになります。


取り扱い通貨ペアの比較


auカブコム証券とSBI証券の1000通貨単位の取り扱い通貨ペアを比較していきます。

ちなみに本家トラリピのマネースクエアの取り扱い通貨ペアは次の13種類。

トラリピを売りにしている業者だけあってラインナップが充実しています。

IMG_20200116_062656

auカブコム証券


auカブコム証券のシストレFXの取り扱い通貨ペアは12種類で、全ての通貨ペアで1000通貨単位の取引ができます。

本家トラリピに劣らないラインナップ。

唯一残念な点はトラリピの人気通貨ペアであるNZドル/米ドルの取り扱いがない点のみです。

【auカブコム証券】
IMG_20200116_062637


SBI証券


SBI証券のSBIFXαの取り扱い通貨ペアはなんと28種類!

ですが、そのうち1000通貨単位で取引できるのは次の6種類のみ。

リスク分散の観点からトラリピはいくつかの通貨ペアで運用したいものです。

通貨ペアの選択肢が少ないのは残念の一言。

しかも、クロス円取り引きしかないのが致命的です。

IMG_20200116_062758

通貨ペアはauカブコム証券の圧勝!


スプレッドの比較


各業者の主な通貨ペア(1000通貨)のスプレッドは次のとおりです。

スプレッドは差が小さい方が優秀です。

米ドル/円


auカブコム証券
0.2pips

SBI証券
0.2pips

マネーパートナーズ(参考)
0.3pips
※10000通貨

マネースクエア(参考)
4pips
※マネースクエアは本家トラリピの業者です。自動取引を提供しているため実質的な手数料であるスプレッドは広めです。

豪ドル/円


auカブコム証券
0.4pips

SBI証券
1.0pips

マネーパートナーズ(参考)
0.6pips
※10000通貨

マネースクエア(参考)
6pips

カナダドル/円


auカブコム証券
2.8pips

SBI証券(参考)
2.8pips
※10000通貨

マネーパートナーズ(参考)
3.8pips
※10000通貨

マネースクエア(参考)
5pips

豪ドル/米ドル


auカブコム証券
1.8pips

SBI証券(参考)
1.5pips
※10000通貨

マネーパートナーズ(参考)
0.9pips
※10000通貨

マネースクエア(参考)
5pips


米ドル/円のスプレッドはどちらの証券会社も0.2銭ですが、豪ドル/円のスプレッドはSBI証券1.0銭に対しauカブコム証券0.4銭となっています。

カナダドル/円と豪ドル/米ドルは参考数値を乗せましたが、そもそもauカブコム証券でしか1000通貨単位の取り扱いがありません。

スプレッドもauカブコム証券の勝ち!


スワップポイントの比較


各業者の主な通貨ペアの1000通貨当たりのスワップポイントは次のとおりです。

スワップポイントの数値、特にマイナススワップの大小はトラリピを運用する上でも無視できません。

米ドル/円


auカブコム証券
買い 3円  売り-8円  差額 5円

SBI証券
買い 5円  売り -6円  差額 1円

マネーパートナーズ(参考)
買い 4円  売り -6.6円  差額 2.6円
※100通貨のスワップポイントを1000通貨に換算

マネースクエア(参考)
買い 0.5円  売り -11.5円  差額 11円

豪ドル/円


auカブコム証券
買い 1円  売り-4円  差額 3円

SBI証券
買い 2円  売り-3円  差額 1円

マネーパートナーズ(参考)
買い 1.5円  売り -2.8円  差額 1.3円
※100通貨のスワップポイントを1000通貨に換算

マネースクエア(参考)
買い 0.1円  売り -5.3円  差額 5.2円

カナダドル/円


auカブコム証券
買い 2円  売り-5円  差額 3円

SBI証券(参考)
買い 4.4円  売り -5.1円  差額 0.7円
※10000通貨のスワップポイントを1000通貨に換算

マネーパートナーズ(参考)
買い 2.6円  売り -5.6円  差額 3円
※100通貨のスワップポイントを1000通貨に換算

マネースクエア(参考)
買い 0.3円  売り -5.3円  差額 5円

豪ドル/米ドル


auカブコム証券
買い -0.04円  売り0円  差額 0.04円

SBI証券(参考)
買い -1.9円  売り 1.4円  差額 0.5円
※10000通貨のスワップポイントを1000通貨に換算

マネーパートナーズ(参考)
買い -0.032円  売り 0.012円  差額 0.02円
※100通貨のスワップポイントを1000通貨に換算

マネースクエア(参考)
買い -7.8円  売り 1.8円  差額 6円


米ドル/円と豪ドル/円のスワップポイントはSBI証券の方が優れていますが、豪ドル/米ドルのスワップポイントは勝負にならないほどauカブコム証券の方が優秀です。

スワップは引き分け!


取引ルールの比較


僕は2018年から2019年末までSBI証券で代用有価証券×手動トラリピをしており、2020年始めからはauカブコム証券で代用有価証券×手動トラリピをしています。

実際に取引をしてわかった取引ルールの違いは次のとおりです。

損失が発生した場合について


◯auカブコム証券
SBI証券のような現金不足のルールなし

×SBI証券
月末時点で含み損や確定損失があった場合、現金不足として現金入金が必要


SBI証券では、代用有価証券を利用してFXをすることができますが、月末時点で損失があった場合には結局現金入金が必要になります。

トラリピは損失を抱えるのが前提の手法なので、SBI証券は代用有価証券×手動トラリピにはあまり向いていません。

ロスカットルールについて


△auカブコム証券
証拠金維持率75%でロスカット

◯SBI証券
証拠金維持率30%でロスカット


FXで一番気を付けなければいけないのはロスカット。

ロスカットにはSBI証券の方がなりにくい仕様です。

裏を返せば、auカブコム証券の方が追証という事態にはなりにくいということでもあります。

(例)
2,500万円分のポジションを保有していた場合

必要証拠金はどちらの業者も100万円(レバレッジ25倍)

auカブコム証券の場合、有効証拠金が75万円を下回ったらロスカット

SBI証券の場合、有効証拠金が30万円を下回ったらロスカット

200万円を入金して上記のような取引をしていた場合、auカブコム証券なら含み損が125万円になったらロスカット。SBI証券なら含み損が170万円になったらロスカットということです。

代用有価証券に差し入れた株式等の売却


△auカブコム証券
できない

◯SBI証券
できる

SBI証券で取引していたときは、代用有価証券とした株式も売ることができ、その譲渡金額がそのままFX口座に入るという仕組みでした。

これに対してauカブコム証券は代用有価証券とした株式等は、通常の保護預りに振り替えた後でないと売却することができないようです。

つまり、代用有価証券のみを証拠金としてFXをしているとき、その代用有価証券を売却しようとすると証拠金不足になるということ。

こうなると、FXのポジションも精算するか、現金や他の株式等を証拠金として差し入れた後でないと代用有価証券にしていた株式等は売却できません。


例えば大きな暴落がきて、FXの損失が拡大し、代用有価証券とした株式等の評価額も下がっているとき、追加で投入できる資金がなければ、FXのロスカットを待つしかなくなります。

この場合、代用有価証券も強制的に売却され、売却額は損失に補填されます。


繰り返しになりますが、代用有価証券を活用してFXする場合には、現金を証拠金とする場合より、さらに厳格な資金管理が必要となります。

ハイレバ取引に注意!


おすすめ業者の結論


ここまで読んでいただければお分かりだと思いますが、代用有価証券を活用してFXをする場合のおすすめ業者はauカブコム証券です。


僕は10年以上SBI証券を利用しており、後半の約2年は代用有価証券×手動トラリピの運用もしていましたが、2020年1月にauカブコム証券に乗り換えました。


auカブコム証券でのトラリピ記事
SBI証券でのトラリピ記事

証券会社に口座開設するときはポイントサイトを経由するのをお忘れなく。

auカブコム証券もSBI証券もポイントインカム経由がお得です。


以上、今回の記事では、代用有価証券の活用してFXをすることについて、メリット、注意点、おすすめな人、おすすめの業者について紹介していきました。


↑このページのトップヘ