どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。
今月の手動トラリピの利益は22,390円でした!


この記事では僕の実践している手動トラリピの2018年10月の実績を公開していきます。


手動トラリピの運用方法についてはこちら


2018年10月の手動トラリピの実績


+22,390円(利確42回)

2018年 月別利益  累計利益  為替評価損益 
2月 11,025  11,025  -32,634 
3月 19,295  30,320  -52,175 
4月 20,656  50,976  -380 
5月 25,526  76,502  -35,280 
6月 31,967  108,469  -1,190 
7月 16,635  125,104  -7,445 
8月 16,124  141,228  -16,060 
9月 17,914  143,018  1,442 
10月 22,390  163,618  -10,364 


手動トラリピ2018-10



今月も安定した利益を出してくれました。

10月のドル/円は、月初に114.5円を着けた後111.5円まで下落し、月末には113円まで上昇しました。

IMG_20181101_074811


ネコキングの手動トラリピの手法


現在の手動トラリピのルールは次のとおりです。
  • 通貨ペアはミニ米ドル/円
  • 取引は1単位(1000通貨)づつ
  • 建てるポジションは「買い」のみ
  • 0.1円毎に注文を並べる
  • 利幅は0.5円
  • 損切りはしない

これまで利幅0.1円で細かく取引していたんですが、先月の途中から利幅を0.5円に変更しました。

利確の回数は当然減りましたが、1回の利確で500円~の利益になるため、収支は向上しましたね。

下落相場でなければ、利幅はある程度とっておいたほうが良い利益率になります。


株を持っていれば現金元手なしでFXができる


株を持っている人なら、株を担保にすれば現金の元手は0円で始められます

僕も元手0円で始めました。

▼詳しくはこちらの記事▼
 

この方法なら、株を担保に手動トラリピなどのFX取引を始め、月末時点で損失(含み損を含む)があった場合にはその損失分だけを翌月までに現金入金すればいいのです。

担保にした株からも配当や株主優待は受け取れますので、効率的な資産の運用方法といえます。

ただし、トラリピは基本的にある程度の含み損を抱える手法です。結局、含み損分の現金は用意する必要がありますのでご注意ください。


以上、2018年10月分の僕の手動トラリピの実績でした。


▽翌月の経過報告▽