どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「マネースクエア」(FX業者)の口座開設を「ECナビ」から申し込んでみました。


マネースクエア


案件の詳細


IMG_20190126_090057
IMG_20190126_090124

条件が30万通貨なのか60万通貨なのかはっきりしない記載ですが、確認した他ポイントサイトは全て60万通貨だったので同じだろうと判断。

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

36,000円相当

必要経費(見込)

12,000円
※60万通貨取引×(スプレッドの1銭+損切1銭)


経過&実績


2019/1/26 申込み

2019/1/29 口座開設通知到着

2019/2/1 条件達成

2019/2/27 ポイント付与 36,000円獲得!

感想とか


初めてのFX案件でしたが、なんといってもポイント付与が早かったですね。

申し込みからわずか1か月でポイントが付与されました。


条件は60万通貨の取引なんですが、通常の裁量取引ではだめで、トラリピとかをしなければならなりません。

普通にトラリピをして90日以内に60万通貨取引をするためには相当な資金が必要なので、ポジションが建ったらすぐ損切りをしてさっさと60万通貨分の取引を終わらせる作戦で挑みました。

「らくトラ」で利幅も損切りも100円で設定して注文発注したら、見事に60万通貨の取引の全てで損切りされました。

何回かは利確してくれてもいいのに・・

損切りは1銭なのに対し、利確にはスプレッド2銭を加えた3銭必要なので仕方ないですね。

他のブログで「カナダドル/円」ならスプ1銭だったという記事を見たのですが、僕が取引したときのスプは2銭でした。「米ドル/円」も同じく2銭。「スプレッド縮小キャンペーン」なるものが開催されていたんですけどね。。

そして損切設定ができる最少幅は1銭で、これにスプの2銭を加えた3銭が1回の損切金額。1万通貨当たり300円です。300円×60万通貨の取引で18,000円を失いました

これだけ経費を掛けてしまったので、ちゃんとポイントが付与されるのかドキドキものでした。

僕と同じやり方なら取引自体は1、2時間で終わると思います。もちろんトラリピに興味のある方は、普通にトラリピをしても良いと思います。ただし、その場合には相当な日数が掛かりますし、くれぐれも少ない資金でトラリピを始めないようにしてください。

トラリピについてはこちらのブログが参考になると思います。


60万通貨の取引により2,400マネースクエアポイントを獲得し、1,600楽天ポイントに交換できました。
IMG_20190206_203612


▽他の案件の実績を見る▽