どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。
今月の手動トラリピの利益は27,755円でした!


この記事では僕の実践している手動トラリピの2019年3月の実績を公開していきます。


手動トラリピの運用方法についてはこちら


ネコキングの手動トラリピの運用ルール


現在の運用ルール


【ミニ米ドル/円】
  • 取引は1単位(1000通貨)づつ
  • 建てるポジションは「買い」のみ
  • 0.2円毎に注文を並べる
  • 利幅は0.5円
  • 損切りはしない

【ミニユーロ/円】
  • 取引は1単位(1000通貨)づつ
  • 建てるポジションは「売り」のみ
  • 0.2円毎に注文を並べる
  • 利幅は0.5円
  • 損切りはしない

過去の運用ルール


2019年12月までのルール
  • 通貨ペアはミニ米ドル/円
  • 取引は1単位(1000通貨)づつ
  • 建てるポジションは「買い」のみ
  • 0.1円毎に注文を並べる
  • 利幅は0.5円
  • 損切りはしない

2018年9月までのルール
  • 通貨ペアはミニ米ドル/円
  • 取引は1単位(1000通貨)づつ
  • 建てるポジションは「買い」のみ
  • 0.1円毎に注文を並べる
  • 利幅も0.1円
  • 1ドル110.1円以上のときは1単位
  • 1ドル110円以下のときは2単位
  • 損切りはしない


2019年3月の手動トラリピの実績


ミニ米ドル/円(買い)


+13,736円(決済18回)

IMG_20190331_102040

ドル円 当月利益  累計利益  評価損益 
2018年2月 11,025  11,025  -32,634 
3月 19,295  30,320  -52,175 
4月 20,656  50,976  -380 
5月 25,526  76,502  -35,280 
6月 31,967  108,469  -1,190 
7月 16,635  125,104  -7,445 
8月 16,124  141,228  -16,060 
9月 17,914  159,142  1,442 
10月 22,390  181,532  -10,364 
11月 18,435  199,967  -1,031 
12月 15,046  215,013  -83,679 
2019年1月 16,296  231,309  -104,329 
2月 10,221  241,530  -45,674 
3月 13,736  255,266  -38,754 

チャートを見てわかるとおり、今月のドル円は値を下げていますが、ダラダラと値下がりしたわけではなく、ジグザグと値動きしながら値下がりしてくれました。

そんなわけでドル円は買いトラリピの下げ相場にもかかわらず、決済18回の利益13,736円とそれなりの成果を出してくれました。

ミニユーロ/円(売り)


+14,019円(決済28回)

IMG_20190331_102013

ユーロ円 当月利益  累計利益  評価損益 
2019年1月 30,648  30,648  -83,677 
2月 7,003  37,651  -70,362 
3月 14,019  51,670  -25,956 

ユーロ円(売り)のトラリピは今年の1月から始めました。

ドル円同様ジグザグと値を下げた1ヶ月でしたが、こちらは売りトラリピ。決済回数はドル円18回に対しユーロ円は28回でした。にもかかわらず、利益額は同じ位になっています。

理由はスワップポイントですね。ドル円の決済利益には4,000円以上スワップポイントが含まれているんです。

やはりスプが小さくスワップの大きいドル円の買いトラリピは強いですね。


これまでの実積


手動トラリピ201903

手動トラリピを始めて13ヶ月目が経ちました。

グラフを見てわかるとおり、利益は右肩上がりですが含み損には波があります。

将来的には手動トラリピの運用通貨に豪ドル/円の買いも入れたいのですが、それは豪ドルのクソポジが解消した後に考えます。まだまだ先の話になりそうです。

関連記事



株を持っていれば現金元手なしでFXができる(代用有価証券)


株を持っている人なら、株を担保にすれば現金の元手は0円で始められます

僕も元手0円で始めました。

▼詳しくはこちらの記事▼
 

この方法なら、株を担保に手動トラリピなどのFX取引を始め、月末時点で損失(含み損を含む)があった場合にはその損失分だけを翌月までに現金入金すればいいのです。

担保にした株からも配当や株主優待は受け取れますので、効率的な資産の運用方法といえます。

ただし、トラリピは基本的にある程度の含み損を抱える手法です。結局、含み損分の現金は用意する必要がありますのでご注意ください。


以上、2019年3月分の手動トラリピの実績でした。


▽最初の月から見る▽