2018年08月

どうも、夏休みボケのネコキング(@king_of_cat)です。


折角ブログを始めたということもあり、新しい投資にチャレンジしたい!

ということでトライオートETFとトライオートFXを始めました。


トライオートって?


トライオートETF(FX)とは、インヴァスト証券が提供する投資商品で、ETF(上場投資信託)又はFX(外国為替)をシステム的に自動で売買してくれるものです。

自動売買を提供している業者は結構ありますが、トライオートは自動売買の種類がいくつも用意されているのが魅力ですね。

IMG_20180817_220850

例えば、スリーカードなら、3種類の自動売買を組み合わせています。

それにより、相場の上昇局面では多く注文を入れて利益を出し、下降局面では注文を抑えてリスクを減らせるようになっています。


また、ライジングは2つの自動売買を組み合わせ、上昇局面でより多くの利益が出るよう設計されています。


ユーザーは用意された自動売買の中から好きなものを選べば良いだけなので、複雑な設定を組む必要ありません。

簡単に出来る自動売買ですので、初心者の方にもおすすめです。


トライオートの注意点


トライオートに限らずレバレッジ取引には適切なリスク管理が必要です。

IMG_20180818_090701


トライオートは、自動売買の種類を選択すると推奨証拠金が表示されます。

この推奨証拠金は、あくまで証拠金の目安であり、この金額の証拠金を預けておけばロスカットされないというものではありません。


推奨証拠金の範囲で運用していても強めの暴落があればロスカットされます。


IMG_20180818_091142

上の画像は、トライオートで選択した自動売買の設定を、過去の相場に当てはめたときのグラフです。いわゆるバックテストですね。

トライオートは常に一定程度の評価損を抱えながら実現利益を積み上げて行くものであることがわかると思います。

相場は上下を繰り返すものであることに着目し、少額の注文を沢山並べ、利益が出たポジションはある程度で精算して利益を確定し、損失が出ているポジションは利益が出るまで抱えておくというロジックで運用することになります。

他の証拠金取引にもいえることですが、ロスカットされては台無しなんです。


IMG_20180818_094641

画像は運用開始1日目の僕のトライオートETFの運用状況です。

有効証拠金額100,819円の右の「448.08%」というのが証拠金維持率で、これが100%を下回るとロスカットされます。

相場の下落時、この証拠金維持率が下がってきた場合には、追加資金を入金するなどの対応が必要です。


相場は急変するものですから、暴落してから追加入金しようとしても間に合わないかもしれません。

あらかじめ推奨証拠金以上の金額を預けておくことが無難です。

完全にほったらかしで運用するのであれば、推奨証拠金の2倍位の証拠金を入金しておいたほうがよいと思います。

それくらい入金していれば少しくらいの暴落には耐えられるでしょう。

だだしリーマンショック級の大きな暴落には耐えられないと思います。
 

トライオートの始め方


トライオートを始めるには、まずはインヴァスト証券にトライオート用の口座を開設します。

口座開設はインヴァスト証券のHPから申し込みます。

住所・氏名などの入力後、免許などの本人確認書類とマイナンバーカードをアップロードします。

申し込み自体は5分位で出来ます。


その後、簡易書留で口座開設完了の案内文が届きます。僕が申し込んだ時は3日位で届きました。

届いた文書にIDと仮パスワードが記載されてますので、それでログインし、パスワードを設定します。

ネットバンクに口座がある人は、即時入金サービス(手数料無料!)を利用すれば、文書が届いたその日から取引が開始できます。

つまり、申し込みから3日位で取引を開始できるということですね!


いざトライオートを開始!


とりあえずインヴァスト証券に48万円入金し、トライオートETFの口座に30万円、トライオートFXの口座に18万円入れてみました。

IMG_20180818_152802

僕が選んだ自動売買は、トライオートETFの「ナスダック100トリプル スリーカード」を5口とトライオートFXの「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」を1000口です。


ナスダック100とはナスダックに上場する時価総額上位100銘柄の時価総額の平均額で、アメリカの代表的な株価指数です。簡単にいうと日経平均のアメリカ版のようなものです。

トリプルとは、ナスダックの3倍の値動きをするように設計されたETFのことです。

IMG_20180818_164353

画像はここ10年位のナスダック100トリプルのチャートです。ナスダックの指数は基本的には右肩上がりになるものという前提で、トライオートETFの自動売買では、買いからしか入りません。

買いの注文のみを自動的に並べて、売買が成立するたびに注文を繰り返し、含み益を抱えつつ利益を重ねていくのです。


次に豪ドル/NZドルとは、オーストラリアドルとニュージーランドドルの為替相場のことです。

この2つの国はお隣同士の国で、対ドルや対円の為替の動きも似たような動きになることで有名です。

IMG_20180818_164429

上の画像は直近5年位の豪ドル/NZドルの為替チャートで、大体1.00~1.17という非常に狭い範囲で上下しています。

今後も狭いレンジの中での値動きが想定されるので、トライオートFXでは、そのレンジの中心部分では買い売りの指値を沢山並べています。これがコアレンジャーの名前の由来ですね。

そしてレンジの上の方では売りの指値のみを、レンジの下の方では買いの指値のみを適度に並べています。

わかりづらいですが、画像の右側に黄色い塊や三角の表示がありますが、それが指値を並べている位置になります。


IMG_20180818_090701

それぞれの推奨証拠金は画像のとおりで、合計で311,470円です。

480,000円入金しているので、それなりの暴落が来ても耐えられると思います。


IMG_20180818_152020

この設定でバックテストしてみます。

2017年1月から2018年8月までの1年7か月分のバックテストでは、期間総合損益で「+170,903円」、推奨証拠金に対する期間収益は「+54.87%」とかなり優秀な成績を叩き出しています。


IMG_20180818_151921

さらに2014年1月から2018年8月までの4年8か月のバックテストを見てみます。

期間収益率は「169.57%」と年平均35%近い数字になっています。

線のグラフが実現益+評価損益を表していますが、このグラフはきれいに右肩上がりになっています。

また、含み損は、多い時期でも10万円強くらいしかありません。

ここまで収益が安定しているなら、実現利益の一部を再投資して少しづつ口数を増やし、複利のような形で運用すれば、期間収益率はもっとあがるものと思います。


とりあえずこの設定で運用を開始して、しばらく様子を見ようと思います。

運用状況は定期的にブログで公開していきます。

はじめまして、ネコキング(@king_of_cat)です。


ネコキングて誰?


まずは簡単にプロフィール紹介を。

猫派の30代後半男(実は猫ではありません)

2019年12月に17年9ヶ月勤めた税務署を卒業しました。

現在は家業(飲食)を継ぐべく修行中です。

妻と3人の子供との5人暮らしで、持ち家(あと30年ローン)に暮らしてます。


ネコキングのこれまで


簡単に自己紹介しましたが、せっかくなので生い立ちや経歴なども。


198◯年

某田舎に生まれる。


小学生時代

漫画とゲームが好きなよくいる小学生。

勉強は得意な方だが運動は苦手な方。

小学校の卒業文集に書いた将来の夢は「大金持ち」


中学生時代

ゲーセンに入り浸る。SNK系の格闘ゲームが好きだった。

中1の終わり頃に新聞配達を始める。
初めての給料(2万円位)で中古のネオジオCDとソフト(KOF95)を買う。
月2万使える薔薇色の中学生活が始まった!と浮かれるも家庭の事情で引っ越すこととなり新聞配達は1ヶ月で辞めることに。

中3で麻雀をおぼえ、仲間と良く麻雀をするように。

中3の終わり頃、悪友と初めてパチンコに行く。
大工の源さんの島に1人だけいたおっさんの2台隣に座って玉貸し機にパッキーカードを入れたら右の台の玉貸し機だったらしく、しかたなくガラガラの島でおっさんと並んで打つ。
3,000円負ける。


高校1年

家から1番近い無難な高校に入学。

バイトの合間にゲーセンいったり麻雀したりして過ごす。

すでに勉強はやる気なし。


高校2年

高校で公務員を目指す生徒向けの補習が始まる。

特にやりたい仕事もなかったが親が自営で苦労していたので、なんとなく公務員を目指すことにし補習に参加する。

授業中は基本寝てたが、この補習は真面目に受けていた。

この頃バイトをやめ、仲間内でたまに打つ麻雀で小遣いを稼ぐようになる。

悪友と2年振りにパチンコに。
ゲーセンでたまに打ってたギンパラで勝負。
2年ごしのビギナーズラックで500円が3万円に。

当然パチンコにハマリ、その後最新のCR機など色々打つも、羽根ものをメインに据えることに落ち着く。
1番好きな機種は玉ちゃんファイト。

色々な羽根ものを打ってみたくて原チャリで色々なホールを駆け回ったりしていた。


高校3年

相変わらず授業中はほとんど寝ていたが公務員試験の補習は真面目に受けていた。

学校が終わってから帰宅後15分間だけ公務員試験対策の勉強をしてからホールに行くのが日課に。

高卒の公務員の選択肢は、自衛隊、警察、郵便局(この頃まだ民営化前)、県職、国税だった(と思う)。

奇跡的に合格した国税に進むことに。

この頃ホールでなんとなく打ったパチスロ(初打ち)で1K→一撃2,000枚のビギナーズラックをかます。
機種はリズムボーイズだった(もちろん裏)。

当然パチスロにハマリ、色々な機種を打つ。
メイン機種はゲゲゲの鬼太郎(8ラインの方)に落ち着く。


税務大学校

高卒で国税局に採用されると税務大学校というところで1年間もの研修を受ける。

税法や民法等の各種法律と簿記などを学ぶわけだが、高校で勉強を疎かにし過ぎたせいでせいか成績が酷かった。

さらに、授業が始まる→眠くなるというのが体に染み込んでいたので、講義中に居眠りしてしまい、教育官にギッツリ絞られることも多かった。

なお、当然パチスロに行く時間は余りなく、たまの週末に勝負にいっては無理な勝負をして負けていたためこの頃は慢性的に金がなかった。

なんとか税務大学校を卒業する。


税務署勤務

某田舎の税務署に配属。

個人事業者に対する税務調査を担当。
疑い深い性格が吉と出たのか新人らしからぬ結果を連発する(自慢)。

最初の税務署に4年勤務した後、2・3年おきに転勤し、税務署・国税局での勤務を経験する。

当初は調査担当であったが、後半は審理担当
を任命されることが多く、税金の難しい部分の取り扱いについて調査担当や窓口担当に助言したり、研修講師をしたりすることが多かった。


家庭

24歳のときに付き合っていた彼女と結婚。

その後3人の子宝に恵まれる。


パチスロ

税務署に配属後、仕事終わりや週末など暇さえあればホールに行っていた。
この頃はAT・ST全盛期でパチスロ黄金期。
リセモ・ハイエナ・イベント等手広く追いかけ、負けることもあったが毎年終わってみれば1,000k程度勝っていた。

結婚後はたまにしかホールに出向かなくなったことから勝てなくなり、養分スロッターとなる

勝てないとつまらないため、最近はホールから足が遠退いている。


投資・投機

2009年、リーマンショック後の不況で日経平均8,000円位、ドル円の為替レートが80円~90円位の頃、「今買っとけば普通に増えるんじゃね」と思い個別株とFXを始める。

SBI証券に口座開設し550万円を入金。

優待が魅力的な国内株式を合計300万円程度購入。

残りの250万円をFX口座に入れ、豪ドルを中心にロング。
FXはデイトレもやってみたがどうあがいても利小損大になるため早々にトレードを諦め、スワップ狙いでポジションを寝かせていた。

その後、車を買ったり家を買ったりしたタイミングで一部売却・出金したが、株もFXも基本ほったらかし。

平成29年末に仮想通貨の売買を始める頃までに、株は2倍、FXは2.5倍程度になっていた。

これらで増えたお金を仮想通貨であっという間に溶かす。


楽天

2015年頃、楽天カードを作成。
徐々に楽天経済圏に浸かりだす。


Twitter

2017年末、仮想通貨売買を始めたことをきっかけに情報収集&airdrop(響きが懐かしい)用にTwitterを始める。


ブログ

2018年8月頃、仕事がつまらなすぎるという現状を変えるべくこのブログ執筆開始。

ブログタイトル
パチスロ×資産運用 ネコキングブログ
公務員×資産運用 ネコキングブログ
ポイ活×資産運用 ネコキングブログ


ポイントサイト

2019年始めに存在を知り、各種ポイントサイトを使い始める。


税務署を退職

仕事は順調であったが、かねてからインセンティブ要素ほぼ0で完全年功序列の給与体系に疑問を持っていた。

苦労を重ねて管理職になっても同世代の非管理職と比べて給与はほぼ変わらず、むしろ仕事の飲み会が増えて経済的には明らかなマイナス。

この飲み会がやっかいで拘束時間は長く、頻度が多いため体にも良くない。

このように職員の向上心が上がるはずのない残念な職場で、実際、有能なのに管理職を目指さない職員も多く、相対的に仕事ができない管理職も多い。

そんな理由で管理職を目指す気にはならず、かといって平職員のまま勤め上げるという選択肢を選ぶ気にもならない。

ということで令和元年12月末、意を決して税務署を退職。


現在のネコキング


というわけで税務署を退職してからは実家の飲食業を継ぐべく修行中です。


ポイ活について


プロフィールで紹介したとおり、楽天経済圏に生息しており、効率的に楽天ポイントを集め生活費を節約しています。

楽天のお買い得な商品をROOMやTwitterで紹介しているので、興味がある人はフォローお願いします。

≪ネコキングのROOM

≪ネコキングのTwitter

ポイ活ブームの波に乗り、現在は5,000名程の方にフォローしてもらってます。


2019年始めからポイントサイトの利用を開始、高額案件は全て記事に残しています。


ほかにd活やポン活の実績報告や、各種キャッシュレスのキャンペーン情報などもTwitterで呟いています。


資産運用について


プロフィールで紹介したとおり、もともとギャンブル好きで投機的な投資をしてきましたが、仮想通貨での大敗で改心。

書籍・Twitter・ブログなどで情報収集を重ね金融リテラシーを上げてきたつもりです。

現在行っている資産運用は次のとおり。

投資信託


楽天証券で月5万円の積立投信をしています。

うち3.3万円はつみたてNISA。

米国株関連と世界株関連の銘柄に分散投資してます。

楽天証券は投資信託をクレカで払い込むことができ、ポイントも1%貰える(月5万円の支払いまで)のでおすすめです。


手動トラリピ×代用有価証券


FXは、ずっと豪ドルの買いポジションを持ったままほったらかしていましたが、平成29年末に仮想通貨を始めたタイミングで辞めていました。

しかしネットで資産運用のことを調べていくうちにトラリピというFXの取引手法の存在を知り自分でもやってみたくなったのです。

でもFXで運用していた資金は仮想通貨にブチ込んだ後なので運用資金がありません。

そんなとき、保有している株式をFXの証拠金として使える代用有価証券というシステムを知り、株式を預けていたSBI証券で手動トラリピ×代用有価証券を始めました(平成30年2月から)。

SBI証券での手動トラリピの記事はこちら

その後、2020年からは業者をauカブコム証券に変更し、現在も手動トラリピ×代用有価証券を運用中です。

運用中の手動トラリピ×代用有価証券の記事


ブログについて


ということで、このブログでは、タイトルどおり僕のポイ活や資産運用の状況を公開していきたいと思っています。

また、昔取った何とかで税金についても詳しいので、税金関係の記事も書いています。


更新は遅いですが、読み易いブログを目指しますのでよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ