2018年09月

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。
今月の手動トラリピの利益は17,914円でした!


この記事では僕の実践している手動トラリピの2018年9月の実績を公開していきます。


手動トラリピの運用方法についてはこちら


2018年9月の手動トラリピの実績


+17,914円
2018年 月別利益  累計利益  為替評価損益 
2月 11,025  11,025  -32,634 
3月 19,295  30,320  -52,175 
4月 20,656  50,976  -380 
5月 25,526  76,502  -35,280 
6月 31,967  108,469  -1,190 
7月 16,635  125,104  -7,445 
8月 16,124  141,228  -16,060 
9月 17,914  159,142  1,442 


トラリピ201809


今月も安定した利益を出してくれました。

9月のドル/円チャートは右肩上がりでしたね。含み損をほとんど抱えずに利益を重ねることができました。

IMG_20180930_213742



ネコキングの手動トラリピの手法


9月の途中から手動トラリピの手法を変えました。

現在の手動トラリピのルールは次のとおりです。
  • 通貨ペアはミニ米ドル/円
  • 取引は1単位(1000通貨)づつ
  • 建てるポジションは「買い」のみ
  • 0.1円毎に注文を並べる
  • 利幅も0.1円
  • 1ドル110.1円以上のときは1単位
  • 1ドル110円以下のときは2単位
  • 利幅は0.5円
  • 損切りはしない

変更した部分だけ少し説明します。


取引は1単位(1000通貨)づつ


これまでは1ドル110円以下のときは2単位づつ注文を並べていました。

1単位づつに比べて単純にリスクもリターンも倍になりますよね。

2018年5月6月頃の利益が他の月より多いのは、110円以下で推移していたからです。

変更の理由もシンプルでリスクを小さくするため。

スワップ狙いで建てたポジションの含み損が大きくなってきて、少し怖くなってきたというのもあります。

このため、現状上手く行っている手動トラリピも含め、FXの手法を全体的に見直しました。


スワップ狙いポジションの対策はこちら


利幅は0.5円


これまでは利幅0.1円でやっていました。

こんなに小さい利幅で運用出来たのは、スプレッドが小さく手数料も掛からない手動トラリピならではですよね。

トラリピのリスクは逆行したときに含み損が大きくなることです。

そういう意味では、利幅というのはリスク的には関係なく、リターンにのみ影響する部分です。


利幅をどのように設定すれば効率的に利益を得られるかは難しいところですよね。

例えば、ドル/円110円のときに1000通貨10銭単位で注文を並べ、111円まで一直線に上がったとします。

利幅を50銭にしていた場合は500円の利確が5回で2500円の利益になります。

一方、利幅を10銭にしていた場合は、100円の利確が9回で900円の利益です。

こういう場合には、結果論として利幅を広く取ったほうが良かったといえます。


でも逆に110円から110.5円の間を長期間うろうろした場合には、利幅50銭の場合に利確はなく、利幅10銭の場合は利確を繰り返すことになります。


本家トラリピのバックテストなどを活用して、最適な利幅を公開しているブログなどもあります。

でもスプレッドや手数料などの前提条件が違うので鵜呑みにはできないんですよね。


とりあえず何ヵ月か利幅10銭で運用してきたので、今後しばらくは利幅50銭で運用してみます。


株を持っていれば現金元手なしでFXができる


株を持っている人なら、株を担保にすれば現金の元手は0円で始められます

僕も元手0円で始めました。

▼詳しくはこちらの記事▼
 

この方法なら、株を担保に手動トラリピなどのFX取引を始め、月末時点で損失(含み損を含む)があった場合にはその損失分だけを翌月までに現金入金すればいいのです。

担保にした株からも配当や株主優待は受け取れますので、効率的な資産の運用方法といえます。

ただし、トラリピは基本的にある程度の含み損を抱える手法です。結局、含み損分の現金は用意する必要がありますのでご注意ください。


以上、2018年9月分の僕の手動トラリピの実績でした。


▽翌月の経過報告▽



▽最初の月から見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。

この記事は、僕が
複利積立で運用しているトライオートFXの2018年9月分月次報告になります。



運用ルールについてはこちら


2018年9月末の状況


IMG_20180929_145230



投資額累計 500,000円
(前月比 +20,000円)

当月確定利益 +4,789円
(累計 +10,890円)

評価損  -2,088円
(前月比 +112円)

有効証拠金 +508,802円
(前月比 +11,505円)


運用しているのは、コアレンジャー_豪ドル/NZドル3000通貨です。


短期目標


IMG_20180924_133137

現在の推奨証拠金は390,205円で、その1.5倍585,307円

有効証拠金をこの金額にすることが短期的な目標になります。

目標達成したら4000通貨に増口します。


今月の積立


今月は自分の小遣いから2万円積立ました!

当初の投資額が48万円だったので、投資額は丁度50万です。


家計の管理は妻に任せていて、小遣いは現金で貰っています。

セブンイレブンのATMでSBS銀行に入金➡️即時入金でインヴァスト証券のトライオートFX口座に入金しました。

即時入金が無料で使えるのは便利ですね!



1ヶ月の為替の動き

日足チャート

IMG_20180929_214526


月足チャート

IMG_20180929_214543


月足チャートの右側に黄色い三角が並んでいる範囲が想定レンジ、その中心部分で三角が密集している範囲がコアレンジですね。

日足チャートを見ると分かるとおり、コアレンジの上端部分で推移していました。

それほど動きがない1ヶ月でしたが、4,789円の確定利益を出してくれました。

コアレンジ帯にいるときは上に行っても下に行っても利益が出ますので強いですね!


現在のポジション


現在抱えている買いポジは日足チャート上に赤い三角で標示されてい34つで、売りポジは青い三角で標示されている2つのみです。

含み損の合計は2,088円です。


この1ヶ月は狭い範囲で上下してくれましたが、この状況がずっと続くほど甘くはないと思います。

含み損はまだまだ増えるはずですし、しばらくは確定利益よりも含み損の方が上回る状態が続くことになると思います。


どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。



この記事は【トラリピでクソポジを救え!】の運用2週目の経過報告になります。


企画の内容は、クソポジを抱えてる通貨ペアで逆張りの手動トラリピを繰り返しつつクソポジの解消を目指すというものです。


企画内容の詳細はこちら

手動トラリピについてはこちら


今週の確定利益


今週の逆張り手動トラリピ確定利益は8,895円!

累計の利益は28,341円になりました。

日足チャートはこんな感じ。

IMG_20180929_121426

豪ドルとNZドルは若干円安方向に、ユーロとスイスフランは大きく円高方向に動いた1週間でした。

僕のクソポジは、豪ドル/円とNZドル/円の買いポジとユーロ/円とスイスフラン/円の売りポジですので、僕的には嬉しい週でしたね。

それでは通貨ペア別に見ていきます。


豪ドル/円(売)


今週利益 1,380円
(累計利益 5,349円)

IMG_20180929_121612

3000通貨を50銭間隔、利幅も50銭で仕掛けています。

日足チャートを見て分かるとおり、大きくは動かない1週間でしたが、1回だけ利確してくれました。


ユーロ/円(買)


今週利益 7,515円
(累計利益 23,012円)

IMG_20180929_121752

IMG_20180929_121832

こちらも3000通貨を50銭間隔、利幅も50銭で仕掛けています。

円高方向に動いた週でしたが、5回も利確してくれました。


クソポジとトラリピポジションの推移

現在(2018.9.29)


クソ・ポジション -737,019円
(先週比 +158,031円)
(企画開始時比 +136,306円)

トラリピポジション -41,503円
(先週比 -5,569円)
(企画開始時比 -41,503円)

IMG_20180929_121544


※ミニ米ドルはこの企画の対象外


企画開始時(2018.9.14)


クソポジ -873,325円

IMG_20180914_180550


まとめ


今週はスイスフラン/円の売りポジを中心に全てのクソポジの含み損が減少した週でした。

クソポジに対して逆張りでトラリピを仕掛けているので、こういう週はトラリピ利益は少ないはずです。

それでも8,895円も利確してくれたんです。

いやートラリピ優秀ですね!この企画を始めるまで、クソポジの含み損が増えるのを指をくわえて見ていたことが悔やまれます。

もっと早く早く始めれば良かった。

トラリピの累計利益がトラリピの含み損を超えるくると精神的にさらに楽になるので、早くそうなって欲しいですね。


以上、【トラリピでクソポジを救え!】運用2週目の経過報告でした!


▼翌週の経過報告▼

▼この企画を最初から見る▼

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。

この記事では、約1か月間運用したトライオートFXの経過報告と、今後の運用方針を公開していきます。



始めたときの記事はこちら


現在の状況



IMG_20180922_102606

預入証拠金 180,000円
確定利益 +4,384円
評価損  -1,895円
差引損益 2,489円(1.38%)

運用しているのはコアレンジャー_豪ドル/NZドルを最少単位の1000通貨分です。

推奨証拠金が約13万円のところ、18万円入金して運用を始めました。


1ヶ月の為替の動き


日足チャート
IMG_20180924_084847

月足チャート

IMG_20180924_091357

月足チャートの右側に黄色い三角が並んでいる範囲が想定レンジ、その中心部分で三角が密集している範囲がコアレンジですね。

日足チャートを見ると分かるとおり、コアレンジの上端部分で推移していました。

それほど動きがない1ヶ月でしたが、4,384円の確定利益を出してくれました。

コアレンジ帯にいるときは上に行っても下に行っても利益が出ますので強いですね。


現在のポジション


現在抱えている買いポジは日足チャート上に赤い三角で標示されている4つで、売りポジは青い三角で標示されている2つのみです。

含み損の合計は1,895円で、確定利益の4,384円と差し引きすると2,489円の利益となります。

要するに今運用を止めれば2489円の勝ちで終了になるというわけです。


これはちょっと意外な結果で、運用開始から数ヶ月間は確定利益より含み損の方が上回ると思っていました。

この1ヶ月は狭い範囲で上下してくれましたが、この状況がずっと続くほど甘くはないと思います。

含み損はまだまだ増えるはずですし、しばらくは確定利益よりも含み損の方が上回る状態が続くことになると思います。


今後の方針


とりあえず最少単位で1ヶ月やってみたコアレンジャー_豪ドル/NZドル、いい感じですね!

2013年頃から続いているレンジ相場が続く限り、相当な利益が期待できます。

IMG_20180924_100506

バックテストでは、2014年からの5年弱で317%の利益が出ています。

レンジを抜けたときのことを考えると怖いのは確かですが、リスクを恐れず積極的に運用していきたいと思います!


同時期に始めたトライオートETFは、利益は出たもののしっくりこなかったので、そちらで運用していた資金も全てこっちに回します!

関連記事


今後はより攻めた運用ということで、複利積立で運用していきます!

具体的には次の運用方針で行きたいと思います。
  • 3000通貨でスタート
  • 有効証拠金が推奨証拠金の1.5倍になったら増口
  • 適宜、余剰資金を追加投入
分かりづらいと思いますので解説します。


3000通貨でスタート


トライオートETFで運用していた30万円+運用益の4,630円をトライオートFXの口座に移しました。


IMG_20180925_043125

これで運用資金は約48万円に。

1000通貨の推奨証拠金が約13万円でしたので3000通貨に増口します。


3000通貨で運用するときの推奨証拠金
IMG_20180924_133137


増口はスマホでやりました。

IMG_20180924_133758
IMG_20180924_133831
IMG_20180924_133914

これを自動売買44件分繰り返し、増口完了!


有効証拠金が推奨証拠金の1.5倍になったら増口


このルールが複利の部分です。

現在運用中の3000通貨の推奨証拠金が390,205円です。

IMG_20180924_133137

この1.5倍585,307円

とりあえずこの金額が短期的な目標になります。

有効証拠金がこの金額になったら4000通貨に増口します。

以降も同じルールで増口して行く予定です。


適宜、余剰資金を追加投入 


このルールが積立の部分です。

不定期で資金を追加投入します。

資金源は、①小遣いを節約して捻出、②ボーナスから一部積立、の予定。 


①について、僕の小遣いは月3万円です。

ここから、毎月最低1万円は積み立てて行きます。

どの位支出を抑えられるかが肝ですね。

社畜公務員なんで飲み会が重なるとキツイですが細かい節約を頑張ります。


②については、ボーナスの都度、妻と協議して金額を決めます。

100,000円位は積立に回したいのですが、どうなることやら。


これ以外にも別の運用資産から資金を回してきたりするかもしれませんが、とりあえずはこんな感じでトライオートFXを複利積立で運用していきます!

経過は随時ブログで報告していきます。

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。

この記事では、約1か月間運用した
トライオートETFの結果と、運用を止める理由を公開します。



始めたときの記事はこちら


最終結果


IMG_20180922_102528

預入証拠金 300,000円
確定利益 +19,171円
評価損  -15,351円
差引損益 3,379円(1.12%)


月利1.12%は優秀ですね・・ってこいつはそんなに可愛らしいものではありません。

1ヶ月運用してみてわかりました。

運用といってもたまにポジションの状況をチェックするだけで、とくに何もしなかったんですけどね。


運用していた内容


運用しているのは、ナスダック100トリプル_スリーカードを5口。

推奨証拠金は約18万円のところ、30万円預けて取引を開始しました。

2014年から運用していた場合のバックテストはこんな感じ。

IMG_20180923_151717

5年弱で70.96%の収益率は凄い!と思って運用を始めました。


最近の相場の動き


日足チャートはこんな感じ。

IMG_20180923_124647

ダウ理論そのもののような、綺麗な右上りのチャートですね。

チャート上にある赤い上向きの三角が買いポジを建てたポイントです。

画像では確認出来ませんが、チャートの頂上付近で約定した7つの買いポジを抱えています。

現在、9つある自動倍々のカードの内7つが塩漬けになっており、その含み損が15,351円ということになります。


確定利益 の19,171円はというと、ほとんどが8月後半の価格上昇時に新規、決済の自動注文の約定を繰り返したものです。

あっという間に2万円近く利益が出たと思ったら、その後の下落で3万円以上の含み損が出て、現在に至るという感じでした。

ナスダック100トリプル_スリーカードを放ったらかしで運用している人は、口数の違いにより金額は違うでしょうが、皆同じ結果になっているはずです。


上昇相場に強いロジックのスリーカードで運用し、上昇から上昇前の位置まで下落という相場の動きを体験したわけです。

その時点で確定利益より含み損の方が大きかったことに僕は違和感を覚えました。


過去のナスダック100トリプルのチャート


これは最近10年位のナスダック100トリプルのチャート。

IMG_20180818_164353

今年の始めに暴落、というより急上昇からの下落があったものの、ものすごい勢いで上昇しています。

色んな人が米国株だけは別格だというのも頷けます。

だだし2014年から2017年位の期間はレンジ相場を形成し価格が停滞していたようですね。


ここでもう1回ナスダックトリプル100_スリーカードを5口運用していたときのバックテストの結果を貼ります。

IMG_20180923_151717

2014年から2017年までの価格停滞期の利益はやはり低いですね。

2017年からは実現損益をぐんぐん伸ばしています。

しかし、2018年始めの価格下落では、スリーカードの実現益+評価損益のグラフが、実際のナスダック100トリプルのチャート上の下落幅よりも大きく下落しています。

つまり、下落相場にはめっぽう弱いと。

まあこれは始める前から分かっていたことです。


トライオートETFのデメリットに切り込む!


僕は気付いてしまったんです。

あれ?ていうかこれ、自動売買繰り返すよりずっと買いポジ持っていたほうが普通に増えてるじゃん。ということに。

2014年からナスダック100トリプルの買いポジ握ってればレバレッジ1倍でも利益率500%超えてますね。

レバ2倍なら1000%!

対してトライオートETFを推奨証拠金で運用した場合は、けっこうなレバレッジを掛けているのに、同期間の利益率は70.96%。

スリーカードは、上昇相場に強いロジックというのが売りだと思うんですが、現在進行中の上昇相場に当て嵌めてみても、低レバでロングを握っているほうが利益が見込め、しかも安全です

始める前に気付けよ僕・・・


繰り返すと、トライオートETFは、上場相場に強いロジックのはずなのに上場相場時に自動売買を繰り返した利益が、ただロングを握り続けていた場合の利益より大幅に少ないのです。

こう考えると、手数料を払いながら自動売買を繰り返す意味はありませんね。


もっと過去のナスダック100のチャート


これがここ30年位のナスダック100のチャート。

ナスダック100トリプルが無い時代からのチャートですが、ナスダック100トリプルはこれより激しい動きになります。

IMG_20180923_145919

2000年頃の暴落がITバブルが弾けたときで、2008年頃の暴落がリーマンショックですね。

こういった大きな暴落もいずれは必ず発生します。

ITバブルが弾けたときは70%位の暴落、リーマンショックのときは50%位の暴落ですね。

自動売買で利益を重ねて行っても大きな暴落が来ればロスカットされるでしょう。

逆にロスカットされない位の証拠金を預けての運用は、効率が悪すぎると思います。

それこそ自動売買ではなく、レバ1倍でロングを握り続けた方がいいです。


まとめ


以上のような考えから、僕はトライオートETFからの撤退を決めました。

今回の運用での収穫はETFについて勉強出来たことですね。

今後、機会があれば米国株や英国株のETFにもチャレンジしてみたいです。

いずれ暴落はあるでしょうから暴落後に資金があれば買ってみるかもです。


トライオートETFで運用していた資金は、全てトライオートFXに回すことにしました。

そちらの運用方針などは次回の記事で!

↑このページのトップヘ