2019年03月

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事は【トラリピでクソポジを救え!】の運用28週目の経過報告になります。


企画の内容は、クソポジを抱えてる通貨ペアで逆張りの手動トラリピを繰り返しつつクソポジの解消を目指すというものです。

通貨ペアごとにみて、クソポジとトラリピポジションの含み損益が合わせて0円位になったときにポジションを精算すれば、トラリピで決済を重ねた分だけ利益が出るという理屈です。

企画内容の詳細はこちら

手動トラリピについてはこちら


先週までのトラリピの「確定利益(棒グラフ)」「含み損(面グラフ)」「差引損失(線グラフ)」はこんな感じでした。

クソポジ20190304

それでは今週の結果を見ていきます。


今週の逆張り手動トラリピ確定利益


今週の逆張り手動トラリピ確定利益は2,028円!

累計利益は181,993円になりました。


僕の現在抱えているクソポジは次のとおりです。
  • 豪ドル/円() 5万通貨
  • NZドル/円() 5万通貨
  • 豪ドル/円() 6万通貨

各通貨ペアの1週間のチャートはこんな感じでした。

IMG_20190331_075925

似たような動きをする豪ドル/円とNZドル/円ですが今週は違いましたね。

ニュージーランド何かあったんですかね?ファンダを追ってないのでわかりません。


それでは今週のトラリピ利益を見ていきます。


豪ドル/円(買)(売)


今週利益 2,028円(決済2回)
(累計利益 107,627円)

豪ドル/円(買)(売)のトラリピルール

  • 注文単位:2000通貨
  • トラップ間隔:50銭
  • 利確幅:50銭
IMG_20190331_075606


この企画で現在トラリピをしている通貨ペアは豪ドル/円のみ。

今週の決済は2回だけでした。


クソポジトラリピポジションの状況


現在(2019.3.31)


クソポジ

合計 -667,474

内訳
  • 豪ドル/円_買(5) -307,599円
  • 豪ドル/円_売(6) -269,021円
  • NZドル/円_買(5) -90,854円

トラリピポジション

合計 -77,006

内訳
  • ミニ豪ドル/円_買(6) -1,600円
  • ミニ豪ドル/円_売(20) -75,406円

IMG_20190331_075632
※米ドル/円、ミニ米ドル/円、ミニユーロ/円はこの企画の対象外


企画開始時(2018.9.14)


クソポジ

合計 -873,325円

内訳
  • ユーロ/円_売(4) -88,051円
  • 豪ドル/円_買(5) -248,274円
  • NZドル/円_買(5) -210,579円
  • スイスフラン/円_売(6) -326,421円

IMG_20180914_180550


まとめ


今週で運用は28週目。

これまでのトラリピの「確定利益(棒グラフ)」「含み損(面グラフ)」「差引損失(線グラフ)」はこうなりました。

クソポジ20190305

現在抱えているクソポジはNZドルの買いポジと、豪ドルの買いポジと売りポジ。豪ドルは下手くそすぎて両建てしたポジションがどちらもマイナスになっているわけです。

しかし両建なので豪ドルが上がろうが下がろうが含み損があまり変わらない。けど、トラリピの利益は積み上がっていくという、なかなか悪くない状態なような気もしています(ポジティブ)。

以上、【トラリピでクソポジを救え!】運用 28週目の経過報告でした!


▼この企画を最初から見る▼

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「ジャパンネット銀行」の口座開設を「i2iポイント」から申し込んでみました。


ジャパンネット銀行


案件の詳細


IMG_20190316_092202

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

1,500円相当

必要経費

なし

経過&実績


2019/3/16 申込み

2019/3/27 キャッシュカード到着(口座開設完了)

2019/3/29 ポイント付与 1,500円獲得!

感想とか


ネット銀行は楽天銀行とSBIネット銀行に口座を持っていて、楽天銀行をメインバンクとして利用しています。

この案件は、ジャパンネット銀行のキャッシング申込みで9,000円という案件をポイントサイトで見掛けて、それを申込もうと思って先に申込んだ案件でした。

残念ながらキャッシングの方の案件は口座開設時には無くなっていました。そのうち復活する可能性もあると思うので期待せずに待ちます。

2019/4/5 キャッシング案件復活してました。

ちなみにジャパンネット銀行のキャッシュカードはデビットカード機能付きなんですが、デビットカードを1回使うごとに100円キャッシュバック(10回まで)、さらにVISAタッチを1回使うごとに100円キャッシュバック(5回まで。前記キャッシュバックと併用可)という口座開設キャンペーンをしていますので、機会があったら使ってみます。

というか、今はpaypayやらなんやら新しい支払手段を使うとやたらと得するものが多いので、どの支払い手段を使うべきか迷ってしまいますよね(笑)

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「JCB一般カード」を「ちょびリッチ」から申し込んでみました。


JCB一般カード


案件の詳細


IMG_20190223_205616

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

10,000円相当

必要経費

なし(初年度年会費無料)

経過&実績


2019/2/23 申込み

2019/3/11 不承認メール受信

感想とか


1月に申し込んだJCBカードRに続いて2度目の審査落ちです(泣)

JCBのブラックリストに入っているみたいです(笑)

1月よりカード増やしているんで駄目だろうなと思いつつ申し込んでみましたが、やっぱり駄目でした。

2回連続で審査落ちでしたので、今後JCB ORIGINAL SERIES案件の申込みは自粛します。


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「SBI FXトレード」の口座開設を「げっとま」から申し込んでみました。


SBI FXトレード


案件の詳細


IMG_20190211_120445
IMG_20190211_120407

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

18,100円相当

必要経費(見込)

540円
※20万通貨取引×0.27銭(スプレッド)

経過&実績


2019/2/11 申込み 

2019/2/16 口座開設通知到着

2019/2/18 条件達成

2019/2/25 ポイント付与
 18,100円獲得!

感想とか


付与条件は20万通貨の取引と超簡単です。

買って売ってを繰り返すだけなので、その気になれば数分で条件達成することも可能。


SBIFXトレードはスプが業界最安値の0.27銭です。つまりポジション建ててすぐ決済すれば1万通貨当たり、たったの27円の損失で済む計算ですね。

僕は適当にスキャルピングして遊んでいたら20万通貨取引終わった時点で数十円のプラスになっていました(笑)


さらにこの案件は申込から2週間、条件達成からわずか1週間でポイントが付与されました。超早い!

まさに、早い、簡単、高額の3拍子揃った案件でしたね。

おまけで口座開設キャンペーンの500円もゲットしました。


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「マネースクエア」(FX業者)の口座開設を「ECナビ」から申し込んでみました。


マネースクエア


案件の詳細


IMG_20190126_090057
IMG_20190126_090124

条件が30万通貨なのか60万通貨なのかはっきりしない記載ですが、確認した他ポイントサイトは全て60万通貨だったので同じだろうと判断。

ポイントサイト

獲得(見込)ポイント

36,000円相当

必要経費(見込)

12,000円
※60万通貨取引×(スプレッドの1銭+損切1銭)


経過&実績


2019/1/26 申込み

2019/1/29 口座開設通知到着

2019/2/1 条件達成

2019/2/27 ポイント付与 36,000円獲得!

感想とか


初めてのFX案件でしたが、なんといってもポイント付与が早かったですね。

申し込みからわずか1か月でポイントが付与されました。


条件は60万通貨の取引なんですが、通常の裁量取引ではだめで、トラリピとかをしなければならなりません。

普通にトラリピをして90日以内に60万通貨取引をするためには相当な資金が必要なので、ポジションが建ったらすぐ損切りをしてさっさと60万通貨分の取引を終わらせる作戦で挑みました。

「らくトラ」で利幅も損切りも100円で設定して注文発注したら、見事に60万通貨の取引の全てで損切りされました。

何回かは利確してくれてもいいのに・・

損切りは1銭なのに対し、利確にはスプレッド2銭を加えた3銭必要なので仕方ないですね。

他のブログで「カナダドル/円」ならスプ1銭だったという記事を見たのですが、僕が取引したときのスプは2銭でした。「米ドル/円」も同じく2銭。「スプレッド縮小キャンペーン」なるものが開催されていたんですけどね。。

そして損切設定ができる最少幅は1銭で、これにスプの2銭を加えた3銭が1回の損切金額。1万通貨当たり300円です。300円×60万通貨の取引で18,000円を失いました

これだけ経費を掛けてしまったので、ちゃんとポイントが付与されるのかドキドキものでした。

僕と同じやり方なら取引自体は1、2時間で終わると思います。もちろんトラリピに興味のある方は、普通にトラリピをしても良いと思います。ただし、その場合には相当な日数が掛かりますし、くれぐれも少ない資金でトラリピを始めないようにしてください。

トラリピについてはこちらのブログが参考になると思います。


60万通貨の取引により2,400マネースクエアポイントを獲得し、1,600楽天ポイントに交換できました。
IMG_20190206_203612


▽他の案件の実績を見る▽

↑このページのトップヘ